才之原というたたらの遺跡がありました。
それは鳥取県日野町黒坂にありました。

ありましたと言うのは、いまはもうないという意味です。

国道の工事現場に引っかかってしまって、切り崩されてしまったのです。

しかし今年の夏、学術調査は行われ現地説明会も行われました。

もちろん季節君も参加して、このブログでも報告いたしました。


その遺跡の一部が保存されていて、本日、たたらの学校に届けられることになったのです。
地中の遺跡を保存するってどういうこと?
と皆さん思われると思います。
私もそう思いましたから。
保存されたのは大舟(炉の下)と小舟(ふいごの下)を挟んだこの赤枠の部分。
地下構造の中心部分です。
zenkei-2


それは予想だにしない方法でありました。



遺跡の断面に樹脂を貼り、それをはぎ取って保存するという力技です。

地層がうずまきろーるけーきになってるのって想像できます?
sample-2


それを額縁に入れると展示用になります。
季節君は、そのような保存方法を見たこともないので、どのような出来上がりになるのかワクワクドキドキです。

教育委員会の担当者さんたちと、我々たたらの楽校のスタッフが見守る中、京都ナンバーの車が到着。

そりゃ遺跡保存といえば京都でしょ!

納得しながら待ち受けていると、若いお嬢さんがお二人。
えっ! 
ここら辺から予想外の展開。

お二人でひょいひょいと持ち込まれたのは、木枠で囲った2枚のパネル。

表面には石やカナクソが飛び出していて、立体感があり迫力さえ感じます。
sample


左のほうが上、右のほうが下になるそうです。
幅1.5m。 高さ3mの標本だそうですが、2分割されていて、イメージがわかない。


地下構造模型でいうとこの部分に当たるそうです。
DSC05408-2


ほんの一部分なのに実物はずいぶんでかく感じられます。

全体模型の実物大だったら、すごいことになりますね。(島根県にはありますが)



これから展示方法や、説明パネル。説明方法などを研究して展示に役立てましょう。
だいじな展示物が一つ増えたことですし、有効に活用したいものです。

活用できる人たち「伯耆国たたら顕彰会」や「奥日野ガイド俱楽部」のあることが、奥日野のたたらの強みです。