毎年恒例のふいご祭りが今年も行われました。
昔、たたら場で行われていた、ふいご祭りにあやかって奥日野のたたらの歴史を、伝承しようというイベントです。
しかし、コロナ禍の影響もあって、例年行われていた飲食は取りやめ、規模を縮小しての開催です。

朝、7時集合。

建屋をトラックに積み込む作業から開始。
kamotu


例年は鉄筋を使っての高殿建設でしたが、今年は耐熱シートを使っての簡易版高殿としました。

ビニールハウス造りに慣れない季節君などは、お尻を蹴飛ばされながら、作業をしました。

パズルのような高殿です。おそらく農業用ハウスの建設なども、見た目と違って技術の必要な作業なのでしょうね。
kennsetu

高殿建設を苦労しながら、ようやく終えた頃には、すでに表玄関では開会式が始まっていました。

今年は、日野町たたらの里プロジェクト主催の『バックトゥーザヒノチョウ』が行われていますし、金持テラスでも、日野町公式キャラクターの『しいたん』誕生一周年を記念してイベントが開催中です。

日本海新聞社主催の根雨の町歩きツアーもあり、意外と多くの人が参加しておられました。

hitogomi

早速、炉に火が入り、参加者の皆さんが興味津々で砂鉄を投入して、賑やかになりました。

tounyuu


天気も上々です。

季節君の気分も上々。
次々と企画が目白押しの一日であります。

つづく……