カテゴリ:

たたらの楽校の当番をしています。


やりたいこと、読みたい本はいっぱいあります。


しかし今日はこの本を読むことに決めています。


角田徳幸先生の『たたら吹製鉄の成立と展開』


すごく厚くて立派な本です。


2冊あったら枕にもなってしまうという優れモノです


\(*^▽^*)ノ ハーーイ


たたらの楽校に備え付けられ、みんな勉強するようにと鎮座しています。


内容はいきなり、たたらはいつ始まったのか?


砂鉄製錬はどこから来たのか?


というような超難問に真っ向勝負しています。


 


うむむ ∑(゚Θ゚)


思わず引き込まれてしまいました。


しかし、あまりに内容が難しすぎて、頭がくらくらします。


流石に一流の先生の書かれる論文はすごいです。


 


読んでも読んでも、季節君の頭には入ってゆかず、時間だけが過ぎてゆく。。。


しかし、やっと100ページまで読んだところで、時間が終了となってしまいました。


 


角田先生とは都合山で1週間後にお会いすることになっていますが、たたら研究では一番勢いのある先生の一人ではないでしょうか。