カテゴリ:

広島大学に事務局のあるたたら研究会ですが、米子での研究発表大会に季節君は奥日野でのたたら関連の活動報告をいたしました。


その内容が本になります。


8月末までに発表論文の原稿を。原稿用紙にして40枚程度にして提出するよう連絡がありました。


原稿用紙40枚というと卒論で書いたくらいかな?などと昔のことを思い出しながら、とりあえず手をつけています。


季節君は研究者ではなく、一般の素人さんなのでちょっとビビっています。


(;^◇^;)ゝ イヤァ


参考資料や写真も添付するのでもう少し字数は少なくなりますがそれにしても季節君にとっては大仕事です。


奥日野のたたらについて、一般の人ばかりでなく、研究者の方にも目を向けていただきたい。


そしていろいろ教えていただきたいと思います。


そのためにはこういった機会を通じて情報発信をだれかがしないといけません。


すがすがしい朝日を見つめながら、奥日野の明るい未来を誓う季節君でありました。


(*゚▽゚)ノ