カテゴリ:

さていよいよエコツーリズムのツアー受け入れとなりました。


本日は、大忙しのスケジュールです。


エコツーのツアーのほかに安来からたたら大学講座。


鳥取県の支援でたたら学習会。


チロリン観光たたらツアー。


ミニたたら操業も同時に開催されます。



朝、米子にある鳥取県西部総合事務所に行くとすでにたくさんの人で賑わい、米子のゆるきゃらヨネギーズも着ていました。



バスだってたくさん待機しています。


エコツーリズム国際大会の小旅行で私たち伯耆国たたら顕彰会と奥日野ガイド倶楽部はFコースを受け入れます。


バスに乗り込み9:00に米子を出発。一路に日南町の吉鑪を目指します。


ここは大正10年まで近藤家のたたらが操業され、鉄山師により延々と操業されてきた、たたらとしては日本で最後の地だと考えてよいと思います。


地名も吉鑪と呼ばれ、建物や地形も当時の面影を残しています。


TV局のクルーも面白そうだと取材に来ていました。



そして次に呼子山。


ここも近藤家の鉄山で山内の建物を配置した図面が残されています。


本床跡や金屋子神社が残っています。



近くで砂鉄採取をした鉄穴流しの後が保存されています。


羽内谷です



さらにたたらの楽校大宮楽舎。



昼食をはさんで、金持神社におまいりしました。


皆さんはもうご存知だと思いますが、金持の名の由来はたたらによって作られた鉄のことですからね。


そしてやっとこさ根雨に帰ってきました。



ねうでは大正ロマン香るお嬢様方のお迎えを受け、根雨楽舎のガイドをしました。



お茶の休憩をして新しくなった根雨楽舎の建物、お庭、分館をご案内いたしました。


季節君はエコツーリズムのお客様とはここでお別れ。


バスをお見送りしてちょっと、さびしくなりました。


(ノ_・。)