カテゴリ:

画家の倉鋪さんという方がおられます。ふとしたきっかけで小説TATARAの著者松本薫先生がこの倉鋪さんの作品をご覧になり『びびっときた』のだそうです。そしてこんどの私の本の表紙絵を描いて欲しいと思われたそうです。


実際に倉鋪さんの描かれたぎんりん草の絵を表紙にし、出版された小説『TATARA』は小説自体もすばらしかったのですが、この表紙絵のぎんりん草も評判をよびました。


先日米子で開かれた倉鋪さんの個展のお話は以前書きましたが、そのときの倉鋪さんがされたお話のとおり、原画の油絵が届きました。本当に顕彰会に寄贈してくれたのですね。


太っ腹です!!ヽ(^◇^*)/



届いた絵は10号サイズの見事な油絵です。そして一本一本の線がとても繊細で息を呑むすばらしさです(ほんとに息を呑んだら窒息しちゃいますからね、そのへんはわかってますね)


さっそく根雨楽舎に持ちこみ、今、展示の手配をしています。


ちかぢか公開して皆さんにも見ていただけるようになりますからお楽しみに。


でも、、、、、どこに飾ろうかな?