カテゴリ:

 平安時代の伯耆の国はたたら製鉄による刀剣の一大産地でした


伯耆の刀剣を代表する童子切安綱は国宝でもあり日本刀剣の世界ではあまりに有名ですが、実は童子切安綱は双剣でした。古文書によれば安綱のところに刀製作の依頼に来たのは源満仲というお話しと源頼光というお話しがあります。源満仲といえば源頼光の父ですが、依頼に来れば受け取りにも来なければならないので、2人とも来たのかもしれません。あるいは依頼主はおとっつあんで受け取り人は息子がパシリに使われたのかもしれません。


そして依頼を受けた安綱は太刀の製作を始めたのでありました。日本刀は焼入れに失敗することを考えて同時に2本作られることがあるのですが、実はこのとき童子切安綱も2本作られていたのでした w(°0°)w オォー。


それではもう1本の安綱はどこに行ったのか。それは源頼光の4天王の一人、渡辺の綱が持っていたのでした。酒呑童子討伐にも参加した渡辺綱でしたが、こんなお話がございます。


 


平安時代には百鬼夜行と申しまして、京の都には夜になると多くの鬼が出ていました。


急ぎの呼び出しですっかり帰りが遅くなった渡辺の綱は暗い夜道に一条戻り橋のたもとまでやってまいりました。そこには若い娘がうずくまっております。『これこれ、このような夜更けに娘ひとりでどうしたことか』と渡辺の綱が声をかけますと、『急におなかが痛くなって困っております』と娘が答えます。


気のいい渡辺の綱は(すけべ心では有りません。たぶんね) 『それは難儀じゃ、うちまで送ってゆこう』と、馬に乗せます。


しばらく娘を乗せて馬を歩かせていましたが、ふっとただならぬ気配を感じて振り返ると娘はなんと鬼にかわっており渡辺の綱の髪をつかみました。渡辺の綱は腰の太刀を抜き、はっしとその鬼の腕を切り落とします。鬼は悲鳴を上げて逃げ去ってしまいました。渡辺の綱はその鬼の腕を家まで持ち帰りましたが、その夜、母に化けた鬼がやってきて言葉巧みに家人をだまし腕を取り返したというお話。


その鬼は茨城童子といい、酒呑童子の子分で敵討ちに来たのであろうとのことでした。


そのお話から渡辺綱が持っていた太刀は鬼切安綱と呼ばれ童子切と並んで源氏の宝刀となりました。


鎌倉幕府が倒されたとき、童子切は北朝側の足利尊氏の手に渡りましたが、鬼切は南朝側の新田義貞に渡ったのだそうです。


この鬼切安綱もまた実在しておりまして、現在は重要文化財となって北野天満宮に祭られております。


めでたしめでたし (゚ー゚)(。_。)ウンウン