カテゴリ:
先日、たたらの学校 根雨楽舎に東京の雑誌社の方が取材の予約をされました。
WEBマガジン コラージという会社の方です。
(根雨楽舎は3月末まで冬休みです。観覧ご希望の方は日野町商工会にご予約ください)

おいでになったのはとても寒い日の朝でした。
先月号では 刀鍛治の取材をされ、玉ハガネに興味をもたれたようです。で、ハガネを作るにはたたらですよね。たたらの資料を調べていたら出雲ばかりではなく伯耆の地方にもたたらがあったということにお気づきになりました。そして、わが季節君のブログをご覧になり、これは面白い取材ができそうだとわざわざ、遠路はるばる、泊りがけで、ときにはタクシーを使い、ときには駆け足で、しかも自費でおいでになりました。えらいです!このあたりが一流の雑誌社の方です。目の付け所が違います!! と季節君はいたく感激をしたのでありました。

私もその日は仕事のお休みを頂きしっかりと迷ガイドをさせていただきました。(*^-゚)vィェィ♪
でも、東京の方って地元の人と違って近藤家カナクソのこともお知りにならず純粋に驚いてくださるのです。その反応がとてもうれしい季節君でした。なぜって、こういったお話を皆さんに知っていただく広報担当が季節君のお仕事なのですから。

取材陣の皆さんから、山陰は面白いお話が一杯ですねっておっしゃってくださいました。妻木晩田や山陰古代史の謎などを取材されての感想でした。そうです、山陰の古事記謎解き旅ガイドって言う本がベストセラーになってますよね。私も読ませていただきました。山陰の古代史ってとても面白いのですよ。それも含めてどんな記事になるのかとても楽しみです。