カテゴリ:
日野町根雨文化ホールで小説TATARA出版記念フォーラムを開催しました。
午前中からスタッフの皆さんが集まり熱心に準備をしておいででした。
ステージではテーブル配置や音響確認など、 ロビーでは資料配布の準備など多くの人が走り回っていました。そうすると、季節君も意味もなく走り出してみたりして適当に場を盛り上げてみるのでした。(邪魔をしてごめんなさい)
でっかいお花が運び込まれ仰天。今回出版にお世話になった今井印刷の社長さんからでした。(この方も日野町出身です)
お昼には一時中断。名物たたらそば を食べにスタッフの皆さんは出てゆかれました。
それと入れ違いに松本薫さんがおいでになりました。紫のはかま姿もりりしく、やる気がひしひしと伝わってきます。
ステージに入られ講談のリハーサルです。なんどもストーリーを確認されているのを拝見するうちにこちらもなぜか緊張してカチンカチンになってしまいました。うーーん、いかんぞ(-。-)フゥ
null
楽屋に行くと、パネルディスカッションのパネラーの方が集まって打ち合わせを始められました。真剣な表情で、資料に目を通しながら打ち合わせです。こちらも意味もなくますます緊張。。。。気の弱い季節君はめまいがしてきました。
息抜きにロビーに出ると、すでに来場者の方がおいでになりスタッフの方とご挨拶の最中、、
私は逃げ場を失ってうろうろするばかりでした。
ステージ袖にゆくとステージ担当の皆さんが時間と進行の最終打ち合わせ。ヘッドフォンにマイクがついてるのかっこいいですね。
季節くんは居場所をなくします。

ついに 開幕まで時間が近づき季節君は 使いっぱしりのお仕事です。まってました。
楽屋に行きドアをノックします。
心臓がバクバク。
なかから「どうぞっ」て声が聞こえます。
ドアを開け「開演5分前です!」って大きな声でうまく言えました。季節君かっこいー。
そしていよいよフォーラムの開幕です

つづきます。