お昼休憩になり外に出てみると、宮光のじいじはペーパーナイフを作っています。
IMGP0086

ガンガンと大きな音が響いて人目を引いていました。やはりイベントの集客は音、光、美味そうな匂い、かわゆい女の子ですもんね(笑)

IMGP0088
 沢山の人を掻き分けながら、たたら場に移動して見ます。

多くの人が集まって、たたらは丁度ノロを出しているところでした。

IMGP0095

一番絵になるところなので、カメラマンがたくさん来ていました。

 

楽屋では弁当が届いていて、出演者のみなさんと懇談しながら食事。

午後の一発目は井沢元彦氏の講演です。

そして米子真武館の居合披露。

IMGP0104


真剣がひゅんひゅんと音を立てる様は迫力があります。

大神山神社でも披露されたそうで、中田さんの居合は神がかってきたという噂もちらほら。

 

そしていよいよ高橋秀樹さんの講演。

IMGP0130

お客さんの心をとらえる話術が素晴らしく、70分があっという間の講演でした。

途中、リクエストにこたえて太刀回りに付いてのエピソードも披露され拍手喝さいです。

高橋さんの刀剣に関する知識も相当な物ですが、この日の聞き役の全日本刀匠会の及川さんのお話も素晴らしかった。

ちょっととぼけた雰囲気で聞き役に徹しておられましたが、要所の刀剣に関する指摘は、その知識の深さの片鱗を見せていました。またこの方のお話をじっくりと聞いてみたいなって思っちゃいましたね。

 

高橋さんの講演の後、急いで広場に出ると、たたら操業ではケラ(鉄)が出来ていて今年は5.89Kgだったそうです。15Kgの砂鉄を使ったので良い数字だと思います。

 

そして高殿の解体。夕暮れる中、無事に終わったフォーラムにほっと胸をなでおろします。

こうして米子でもたたらの爪痕を残すとこが出来ました。