季節君は、たたらの楽校の当番でした。
一人では寂しいので、仲間をたくさん呼んじゃいました。


というようなわけで、中庭でばーべQをします。

今年の前半戦を振り返り、後半戦の英気を養うために、たたらの楽校の運営メンバーで暑気払いです。

残念ながら、ちょっと小雨まじりではありましたが、普段は別々に当番をしているメンバーが一同に会してにぎやかであります。
地元日野川産の鮎を焼いたり、焼きナスやピーマン。
みんな子供ではないので、好き嫌いは言わずにちゃんと食べました。
そして、仕上げはそうめん。

喰ってばかりかと言えばちゃんと情報交換もしています。

遺跡調査の担当者からは、日南町の砂田山は、近藤家文書では福成山と書かれているとの指摘。
現在の調査では小字名を使うので砂田山となっているのですが、近藤家では福成山と書かれているのです。
展示パネルを見ると、明治の財務諸表にも福成山の収支が書かれているのがわかりました。
他にも、真住で大きなたたら場跡があったとか、上石見東小学校の裏には大量のカナクソがあったとか教えていただきました。

古文書研修会の人は、今度の日曜の発表に備えて猛勉強中とのこと。
季節君にも宿題が課せられているので、ちょっと焦ります。
現在解読中の福田家の家伝書をもう一度読み込んでおくことにしましょう。

奥様方からは、昔の根雨の町の様子などがいろいろ話題になっていました。

たまにはこうしてのんびりと、親睦の輪を作っておくのも必要なのであります。