3月11日。
たたらフォーラム2018が開催されました。

日南町の文化ホールに早めに到着し、会場の準備をします。
さて、資料や席はどのくらい用意しましょうか。

とりあえず130もあればいいのかなと、その時は安易に思っていました。

資料をテーブルに並べ、一枚づつ取って行って、最後にホッチキスで閉じます。

人海戦術でやるのですが、学生時代はこれを「田植え」と称して論文発表の前などには、やったのを懐かしく思い出しました。


そして、講演者控室に暖房を入れ用意をしていると、次々と先生がおいでになり、にぎやかになります。

先生方は私のような素人の話も聞いてくださり、いちいちお答えを頂く。季節君の最も充実した時間であります。日南町、日野町の町長さん。鳥取県日野振興センターの所長さんもおいでになりました。
時間が迫ってきたので先生方を会場にお連れすると、配乗は満員状態。スタッフさんが補助席を持って右往左往しておられます。後ろにはカメラが並んでいて、びっくりしました。150人は超えたのかな。
kaijyou


最初のご講演は元鳥取県公文書館の坂本先生。
鳥取藩の公文書から、鉄山の様子を教えていただきました。
何せ、膨大な量の公文書なので調査は困難を極めたそうです。今は鳥取県立公文書館のHPから閲覧もできるそうです。御手山(藩の直営にすることね)にしたところ、反対もあってとん挫したこと。年貢の取り立て方、大阪鉄座の取り扱い。境港鉄山融通会所の設立などについて教えていただきました。

加地先生には木下家について。
日南の鉄山師については資料が少なく、今まで講演のテーマになったことはありませんでした。木下家さんは大木下、西木下、中木下などあって私も詳しくわからないのですが、その様子を教えていただきました。
一門が助け合う様子を記した文書についても教えていただき、なるほどと思うことが多くありました。
kinosita

角田先生には砺波の遺跡のついての最終報告。
8年前に砺波高殿の発掘にはじまり、二年前には裏山に広がる選鉱場や切羽や走り。今年は井手から堤、その水の取水などについて報告いただき、砺波の全容が見えました.
水利のない山の中で、水を無駄なく使うため、いくつもの堤が作られていたようです。鉄山必要記事にも、水を使わない夜は堰を止めておいて、堤に水を貯め、昼にそれを使って作業をするということが書かれています。まさにその実態を反映したものでした。

それから、伯耆で作られたと伝わる日本刀をお持ちの方がおいでになり、参考までにと展示してくださいました。
sanemori

伯耆の古鍛冶「大原一門」については4月の7日、8日に「伝説の刀工 安綱を語ろう」という会を開きます。
7日の午後1:30から日野町根雨たたらの楽校で、8日は日南町大宮たたらの楽校で開催します。
大原安綱の紙芝居。
とーくせっしょん。
地元の刀剣展示。
資料の複製展示。
を予定しています。
季節君もそれまでに安綱を勉強しようとは思っていますが、どうなりますやら。