ども、皆さんご無沙汰です。

日南町でのたたら講演会(3月11日)の準備もあって、忙しいのです。
が、実はわたくし、秘かに地下に潜って調査を進めておりました。


というのは、伯耆の古鍛冶である大原鍛冶は安綱さんばかりが有名になってしまって、判官びいきの季節君としては面白くないのです。

巨人より阪神。キリンよりアサヒよりサッポロ。メルセデスより本田(買う金がないだけの事)


ということで大原真守を贔屓しようと企んでいるのでございます。
大原真守の宝刀と言えば、幾つか現物も存在していて重文などになっているのですが、なんといっても伝説の宝刀
抜丸
でござんす。

そこで抜丸についての古文書を探しておりました。
鎌倉時代の古今東西の名刀を記した「銘尽」にも安徳子 平家のぬけまる と書かれております。

平家物語の類似本のひとつである源平盛衰記を訳してみました。

猟師が一振りの剣を持って猟をしていた。ある夜、鹿を得て大木の下で泊まった。朝になってみると大木は古木の様になって枯れていた。これは神剣であろうと、木枯らしと名付けた。平忠盛はこの剣をご覧になって、この国では得難い剣だと年貢三千石で交換された。その後、忠盛は六波羅の池殿の山庄にて昼寝して前後不覚に陥っておられたが、この木枯を枕元に立てかけておかれた。大蛇が池から出て忠盛を呑もうとする。木枯は鞘から抜き出て鐔を蛇に向けた。蛇は剣を恐れて池に沈む。太刀が倒れたのは主を起こそうとしてであり、鞘から抜け出たのは主を守って大蛇を斬ろうとしたのである。平治の合戦で頼盛が熊手で掛けられたときにも、この太刀で鎖を斬っている。このように目出度い太刀なので嫡男に伝わるべきなのを頼盛に伝えられたので清盛と仲が悪かったが、よく説明して唐皮小烏は平家重代の宝なので、必ず六代に伝えなさいとおっしゃった。


平家物語の異訳本は腐るほどあります。
平治物語、源平盛衰記、太平記、覚一本、米沢本、京師本、流布本、南部本などなど。

平治物語ではこうなっています。(季節君訳)

熊手の柄を手本二尺ほどを切って落とされたので八町次郎は急に倒れて転んでしまった。。京の童がこれを見て、「立派な太刀だ。あきれてしまう。三河殿もよく切ったものだ。八町次郎もよく掛けたものだ。」と驚いた。頼盛は冑に熊手を掛けたままで、振り落としませず、振り返りもしない、三条を東へ、高倉を下り、五条を東へ、六波羅まで、からめかして落られたのは、なかなか立派に見えた。名誉の抜丸なれば、よく切れるのはもっともである。 此太刀を抜丸と呼ぶいわれは、故刑部卿忠盛、池殿にひるねしていらっしゃったところに、池より大蛇が出てきて、忠盛を呑もうとする。此太刀まくらの上に立ったが、自らするりとぬけて、蛇にかゝりければ、蛇おそれて池に沈む。太刀も鞘に帰ったならば、蛇又出て呑もうとする。太刀又ぬけて大蛇を追て、池の汀に立った。忠盛是をご覧になって、抜丸と名を付けられた。忠盛様の正室のお子であったので、頼盛是を相伝されたところ、清盛と仲が悪くなったと伝えられている。伯耆国大原の眞守が作と云々。

 



そして、ほかにもあるはずだぞと長らく地下に潜伏して調査をしていて、本日ついに違う資料を見つけてしまいました。延慶本でございます。読めば何という事はないのですが、季節君はそれなりに達成感が有りましたので、ここにご報告申し上げます。原文の現代語訳も終わりましたが、本日の報告はながくなったので教えてあげません。続きはまた明日