大原鍛冶の伝承の残る瑞仙寺です。

米子市日下というところにあり、前から行ってみたいと思っていたところです。

ずいぶん古いお寺みたいで古文書がたくさん残っているそうです。
大原鍛冶の末裔も、流れを引く鍛冶もこの辺りに居たという伝承があります。


行ってみたけれど、それらしきものは何もありませんでした。
烏帽子をかぶった人が歩いていたりとか、刀が落ちてたりとか、鍛冶道具が並べてあったりとか、鬼の首があったら怖いですね。

まあ、そのようなものがあれば、もっと有名になっているかな。


大原安綱に関する観光パンフレットを作ろうかという話もあり、具体化したらもう一度訪ねてみようかとは思っています。もちろん、日南町、日野町、伯耆町、倉吉の大原も訪れなくてはなりません。