えらいニュースがとびこんできました。

童子切を複製しちゃうのだそうです。

『童子切 複製』
で検索すると沢山ニュースが出てきます。


さらにすごいのが、使われた鉄は、日野町の鉄だというのです。

日本刀鑑定必携にも、なぜ日本刀の始祖ともいわれる安綱が、このような田舎から出たのか。それはこの地が鋼の産地だったからと書いています。


本日、日野町のたたらの里実行委員会が開かれ、大山開山1300年祭の委員の方からお話を伺いました。来年春には刀を奉納できそうだとのことです。どこまで本物に近づけるのでしょうか。

日野町でも、上菅が安綱伝承の地であり、ほかには日南町、伯耆町、日下、小鴨が伝承の地であります。
来年の1300年祭ではこの地が一同に会して連携を図れないかとの意見も出ています。
伯耆が島根県だなどという刀剣解説もあり驚きますが、情報が正しく伝わればそのうち
出雲。石見→島根。 伯耆。因幡→鳥取県 と正しくなるでしょう。
イベントや、刀剣展示会、童子切奉納など今後の展開がどうなるか楽しみ。♥