ただいま、米子市美術館では大山の魅力~特別展示 鳥取県ゆかりの刀剣 をしています。

今日は、研ぎ師の森井先生の講演会に行きました。

午前も、午後も予約は早々に締め切られたようです。

季節君は日本刀については素人なのですが、少しでも知っておくことが必要であろうと、講演会に行きました。
鳥取県はよい鋼ができたので、刀鍛冶も立派な人が多く出たようです。
一番最初が 伯耆安綱ですよね。
安綱一門も、真盛、守綱、貞綱など多くの名人がいたようですが、古刀のなんともいいがたい、重厚さがあるそうです。
そう思ってみると、1階展示の安綱もすごいなって思ってしまいます。
きらびやかな美しさより、重厚さがあるなって、素人ながらに思いました。
そして思っていたより細身なのが印象的でした。
他の展示してある刀が大きかったから、相対的にそう思ったのかもしれません。
それから、茎が少し短い感じがしたのは気のせいでしょうか。

講演でのお話で印象的であったのは、印賀鋼を代表としてよい鋼があったから良い刀ができたと言うお話。
浜部壽格は因藩の刀鍛冶ですが、二度、江戸へ出ています。
そして打った刀には、以伯州鉄 と刻まれたものがあります。
わざわざ伯州鉄と刻むからにこれは、江戸で印賀鋼を使って刀を作っていただろうという事。
うれしいではござんせんか。

ヤッルゥ!o(*>▽<*)o

ほかにも多くの刀鍛冶を生み出してきた鳥取県ですが、その背景に良質な鋼があったことを見逃してはなりません。