宮光さんに行ってきました。

昔からの刃物鍛冶だったそうですが、刃物だけでは食って行けず、鉄工所に変身したのはよくある話。

 

日野町のたたらが観光で大きく取り上げられるようになって、土産物が欲しいというお客さんが多く、宮光のたち上げとなりました。

 

とはいえ、刃物鍛冶だったのは先代。自分の代は鉄工所が長かったので、今工夫の最中だそうです。

 

工場に招待され入ってみると、意外と大きな工場なのに驚かされます。

工場の中にトラックがいたりして。。。

 IMGP0057

工場の隅に鍛練場もありました。

手前には焼き入れをするために水槽もあります。

 IMGP0058

現在は、包丁や、フライパン、和釘一覧、ストラップなどの飾り物を作っておいででした。

ペーパーナイフの製作体験もできるようになっています。

たたらの楽校でも、作品の取り扱いをさせていただくことになりました。