鈴木敏之さんの玉鋼耀天目作陶展が開かれています。
中国の耀変天目を研究するうちに、金属鉄を陶器に取り入れることができないかと考えられ
紆余曲折するうちに日本刀剣保存協会の玉鋼の色に魅せられこれを陶器で再現しようと挑戦されたそうです。
とても美しく光沢があり、金属のように見えたりもしますが、陶器です。
14~16日。たたらの楽校根雨で行っていますのでおいでください。
入場は無料。
即売も致します。
陶器
陶器2


tennmoku