アーカイブ

2018年10月

さあ、10月21日米子市公会堂で開催される、たたらの歴史サミットの開催が近づいてきました。
当日配布する資料の原稿が必要なのだそうで、急遽A4用紙2枚程度の原稿を送ることになりました。
あらあら、季節君は舐めていたのでそんなちゃんとしたものを用意してません。
まだ、当日のパワーポイントも作らなければならないし、ちょこっと『けつに火の付いた』状態です。
(失礼)

 ∑( ̄Д ̄ll) 炎炎炎炎

伯耆国たたら顕彰会の活動一覧を作りながら、大急ぎで原稿書き。
A4 1枚で900字くらいかけるので、1500字ほど、パソコンに殴り書き。

(o ̄ー ̄)=O☆

ようやく大山開山1300年の実行委員会事務局に送ることが出来ました。

さてさて、今度はこの原稿をもとにパワーポイントを作らなければなりません。
季節君に与えられたのは、ほんの短い時間のプレゼンなのですが、苦悩の日々は続くのでした

大雨の影響

このところ、鳥取県西部でも台風による大雨被害が出ています。

一回目の大雨の後、根雨の町中を流れる板井原川の中州の河原に椀型鍛冶滓が打ち上げられていました。

直径30センチほどの褐色をしていたのですが、橋の上から確認し、水が引いたら何とか取りに行きたいなと思っていたのです。
そしたら二度目の台風。

今日、川に行ってみると、鍛冶滓は無くなっていました。

というか、ひどい状況になっていました。
itaibaragawa
写真の中央に堰堤があり、その下流は滝壺に続いて1.5メートルほど下がった河原があったんです。
写真のように現在は堰堤の下がすべて石で埋まり、平坦になっています。
いったいどれだけの土砂が流出したのでしょう。
中にはアスファルト道路の路面なども流されて来ているのでした。

都合山はあちこちで進入路や橋が流されましたが、県道もいまだに全面通行止めの個所がいくつもあります。
被害にあわれた方にお見舞いを申し上げます。
しかし、今週末も再び台風がやって来るようであります。
今年は、記録的な猛暑の後にこの騒ぎ。
もう大変ですわ。
((+_+))

ちゃんとしたパンフレット

以前アップしたパンフレットは画像が荒かったので、こんどはちゃんとしたのをUP
posuta
posuta2


日野町役場でたたらの里づくりプロジェクトの実行委員会が開催されました。


まずは10月21日のイベントについて。

米子市公会堂ではたたらと刀剣のトーク=イベント。
もちろん季節君も参加しますし、高橋英樹さんもおいでになります。
ほかにもミニたたらの操業、大山開山記念刀の展示。ペーパーナイフ製作体験。都合山AR体験。など
参加申し込みが必要ですが、まだ十分に空きはあるようです。

コンベンションセンターでもいろいろな催しがあって厚切りジェイソンやあばれる君がやって来て暴れるみたいです。

11月4日には日野町役場でのイベント。
ミニたたら操業
鍛冶屋体験
トークイベント
根雨の町ガイド
飲食コーナー
都合山の資料展示
などが開催されます。

なお、今回の豪雨で都合山遺跡の進入路と橋が2か所流されたようです。
しばらくは都合山に入れなくなってしまいましたのでご承知おきください。

このページのトップヘ

見出し画像
×