つ、つ、ついにたたら遺跡調査報告書PARTⅡが全貌を現しました。

前回、発表された遺跡調査報告書Ⅰ~奥日野~から3年.

 

その間も、秘かに奥日野のたたらの調査は続けられてきたのです。

文献を読み漁り、野山を踏破し、地域の古老からお話を伺って(季節君がやってはいないけれど)ついにまとめ上げたのが今回の

PART2 ~奥日野から西伯耆へ~


でございます。
IMGP0026

調査を実施したのは、伯耆国たたら顕彰会の事務局長。

よくぞここまで頑張られたと頭の下がる思いです。

 ヽ(゚∀゚)ノ わ──────ぃ♪

これで調査地点は502か所になりました。

今回の報告書には江府町、伯耆町、南部町が加わっています。

カラー写真や地図も掲載されより見やすく工夫されています。

 

地元の皆さんには、意外と知られていなくて、驚かれるようなたたら場もあると思います。

季節君も何度か調査にご一緒させていただき、思い出のある遺跡もあったりします。

 

写真を見ていてハッと気づいたのが、なんと季節君が写っている写真がありました。

ちらっとですが、記録を書いているようです。

ちゃんと仕事をしているんであります。

そうですか、もうずいぶん昔のことのようでありました。

 

掲載されている地点をいくつか見てみましょう。

江戸時代にたたらのノウハウ書(鉄山必要記事)を書いた宮市の下原重仲の遺跡と思われるものも載っています。

また、鉄山要口訳で下原は、祖父が行ったたたら場が深山口にあると書いていますが、三山口でもいくつかのたたら場を調査しています。

 

2年前にたたら研究会が鳥取大会の後、視察した川平山も調査されています。この遺跡は保存状態もよく残っており、国道そばなので私も行ったことがあります。

 

この報告書ですが、すでに製本を終わっています。

今後の取り扱いについては、会で協議してお知らせしようと思います。