伯耆安綱の展示会

ただいま米子美術館では安綱展を開催中です。

季節君も、たたらや刀剣に詳しい先輩に連れて行っていただきました。自前ガイド付きの豪華な視察です。米子がいな祭りのにぎわいを交わしながら米子市の駐車場に入ります。
安綱展示


きょうは東京国立博物館の主任学芸員さんの講演があるので多くの人がお集まりのようです。

わたしもお見かけしたことのある文化関係の方が、多くおいででした。

少し時間があったので、刀剣展示室に行って実物の古伯耆を見せていただきましたが、ここは写真撮影不可となっていますので、今日は実物の写真は掲載できません。

米子市図書館に移動して講演会場に入ると、150人くらいでしょうか、会場は満員になっています。

知り合いの事務局のかたに席を与えていただきましたが、流石に刀剣人気、安綱人気を感じます。私の隣の人もノートを広げてやる気満々。季節君も鞄からノートをおもむろに取り出し、俺だってやる時はやるんだけんねと気合を入れました。

誰かが真剣を持って飛び出してくるのではないかと思うくらいの殺気が漂う中、たんたんと画像を交えた安綱の太刀の分析が続きます。

真守が安綱の次男で、嫡男は有綱だろうとの解釈、う~んと季節君はうなってしまいました。根拠となった古文書を探して読んでみようと思います。

それから、展示中の無銘古伯耆は有綱の物だと考えるとの発言。そして細かな分析。息をのむような専門的な見解でした。

季節君なんかは百歩下がって「まいりました」と膝をつきたい気持ちです。

 

最後に安綱は数代あったかもしれないとの論説に対し

「平安期に襲名の習慣はなかったと思う。だから安綱が複数いたというのは頷き難い。確かに銘安綱の作風はいろいろな物があるが、ひとりの人が作風を工夫していった可能性もあり、どちらの意見も決定的な根拠はない。」

というようなご意見でありました。

 

その後ももう一度展示会場に戻り、抜刀術の先生などにもお会いして、いろいろな説明を伺いました。

刀の歴史も奥が深いのですが、その鑑賞の仕方も奥が深く、季節君などは右往左往するばかりであります。

 


大山開山1300年祭り実行委員会では
大山山麓の謎解き宝さがし
というイベントを開催中です。

http://nazo.daisen1300.org/

米子市、境港市、倉吉市、大山、などで開催されていますが、日野町でも実施中でございます。

このところ、たたらの楽校にもヒントを求めてお客様がおいでになっています。
皆さまも、参加されてみてはいかがでしょうか。

結構豪華な景品が、これでもかと貰えるようです。
私も日野町の宝の隠し場所は想像つきますので参加しちゃうかななんて思います。

願いが叶う馬というのは絵馬?
龍の名のつく…ていうのは竜王滝でしょうか。
これは、あたしの勝手な予想でございます。

たたらの取材依頼がありました。

お相手は foreign press center というところです。
要するに、外国の記者さんたちが取材においでになるという事のようです。

スイス、ドイツ、韓国、デンマーク、ベトナム、バングラデシュ、香港、日本の12人からなる取材記者の皆様と通訳、随行員の方々です。
メディアも新聞、雑誌、TV,ラヂオ、インターネット、狼煙、太鼓、モールス信号、伝書鳩……
色々です。

昨今の日本刀ブームもあり、米子市美術館の安綱展示をご覧になって、たたらに関する施設にもおいでになるというスケジュールでした。

いよいよ、季節くんも国際デビューすることになりそうです。

ヤッルゥ!o(*>▽<*)o


詳しくは、取材が終わってから報告いたします。

このページのトップヘ

見出し画像
×