福よせ雛プロジェクト

本日、日野町で福寄せ雛プロジェクト開始式がありました。

多くの家で眠っているお雛様の活躍の場を提供しようと活動しておられる一般社団法人 日本社会文化機構のプロジェクトへの参加です。

日野町金持テラスひの を主会場に、これから四月まで根雨の町中各所でお雛様によるパフォーマンスがあります。
新たにこの町においでになったお雛様3000人に住民票が交付されました。
syuugou
会議中のお雛様や
kaigi
日野町特産のシイタケを栽培中のお雛様もおいででした。
siitake
根雨の町では町民自らがなんとかして、過疎化を阻止しようと立ち上がっています。
金持神社は年間参拝者が10万人を突破したとか。
今のシーズンはオシドリ観察がにぎわっています。
春になればそれに代わって、たたらの楽校がオープン
出雲街道根雨宿観光も始まります。
そして新たなチャレンジとして、今回の福よせ雛プロジェクト。
この木が大きく育って、枝葉を茂らせてくれることを祈ります。

たたらフォーラムのポスター出来ました。

たたらフォーラム2019のポスターが出来たと連絡がありました。

仕事を終えて、夜に事務所に行くと、ポスターとパンフレットが積み上げてあります。

すでにスタッフが数名、茶封筒に挿入作業をしています。

季節君も、この時は頑張ってお手伝いしなければなりません。単純作業は季節君の得意とする技なのですから。

日頃お世話になっている各種団体に送付し、皆さんにイベント情報を知っていただかなくてはならないのです。
pos
皆さんもご参加よろしくお願いいたします。

昨日の会議で、たたらフォーラム2019の概要が決まりましたので、超速報でお知らせします。
平成31年2月24日(日)13:00より
場所 日野町文化センター
内容は
①西部圏域へのたたらの魅力発信キックオフ事業
伯耆国たたら顕彰会 会長 田貝英雄
②「江戸期、奥日野の鉄山師たち~流通と金融の視点から」
元鳥取県立公文書館県史編さん室長 坂本敬司様
③「鋼師薩摩へ行く~幕末維新と日野郡のたたら」
鳥取県立公文書館学芸員 池本美緒様
④遺跡調査報告 ~近藤家文書から探る根雨松田家(手嶋家)のたたら遺跡
伯耆国たたら顕彰会 事務局長 藤原洋一

ロビーではたたらの仕組みを図解した資料などを展示予定です。

こんな内容で、ほぼほぼ固まりました。
これから後援団体をお願いして、パンフレットやポスター、記者会見などをしようと思います。

皆さん、ひとり残らずご出席のほど、よろしくお願いいたします。

このページのトップヘ

見出し画像
×