都合山見学会

2021年11月13日、14日は都合山にガイドが常駐する見学会が開かれました。
今までは、予約のみにガイドが付きましたが、今回は新しい試みです。

季節君もガイドとして参加することになりました。
伯耆国たたら顕彰会、奥日野ガイドクラブから5人のガイドが常駐することになりました。
季節君はお昼からの参加です。

都合山には2通りの道があります。上菅からの道が「たたら街道」であり、傾斜もゆるくおすすめです。
季節君は急な坂道ですが近江、畑から登ってゆきました。
こんなにも急だったかなと後悔し始めたころ、お客様とすれ違いました。
岡山県からのお客様で、休憩を兼ねてちょっと立ち話。
ほかの遺跡も見てみたいとおっしゃるので、才之原と福長山のお話をしましたが、すでに発掘調査は終わっています。少しタイミングが遅くて残念でした。

都合山に到着すると、他のお客様への対応で、スタッフは忙しくしていました。

季節君は、この隙にたたら街道沿いに下ってみます。
このところ、たたら顕彰会では「鉄穴場」探しに取り組んでいます。


一枚の絵図をきっかけにして、周辺の鉄穴場を探しているのです。
既に前回の調査で水路は見つかりました。
しかし、その水路があちこちに分岐しているので全体像がつかめていません。
さらに、走りと呼ばれる砂鉄を流した跡もあちこちに走っているために、選鉱場の跡が特定できていません。
角田博士の調査をもとに、選鉱場の可能性の高いところを確認してみます。
都合山から500メートル下ったところ、対岸に平地が造成されています。
小川を渡ってみると、足元には石組みが埋まっていました。
これが角田先生の言われる「選鉱場」でしょう。

fune

これは、舟と呼ばれた砂鉄をすくい上げるあたりの設備ではないでしょうか。
周辺を見てみると、山が崩れていたりして、全体像がはっきりしないのですが、これにつながる走りは確認できます。
hasiri

さらに奥に上がってみると、この走りは2股に分かれています。

hasiri2

ここは、上流に2か所以上の掘削場「切端」をもつ選鉱場なのでしょう。

都合山の鉄穴場は、高いところに水源をもち、高い尾根の上を井出で結んでいるため、あちこちに水を落として砂鉄を採っていたようなのです。

kiriha

こんな景色があちこちに見られます。
探せば、まだあちこちに走りや選鉱場が見つかるでしょう。

その後、季節君は都合山にもどり、ガイドをしながらカナクソのサンプルをいくつか見つけてみました。

sample
椀型鍛冶滓、製錬滓、炉壁、流動滓です。
都合山は、大鍛冶を2棟持った典型的な近藤家型のたたら場です。
だから、たたら場に鍛冶滓があるのです。
鍛冶滓は、磁石が付くのでそれと確認することができます。
今後おいでになる人のために、サンプルとして用意しておきました。

ガイドクラブの人は、施設の修理や道路の補修に汗を流しておられました。頭の下がる思いです。

下原重仲フォーラム開催のお知らせ

下原重仲という人がいました。
たたらを操業した人で、江戸時代に『鉄山必要記事』という書物を書いたことで有名です。
この書物は、たたらの運営一切を詳細に書き留めたもので、大変貴重な書物です。
その写本が東京大学や、筑波大学、最近では九州大学でも発見されたと聞きます。
この本を分析することによって、江戸時代の日本では、どういった方法で製鉄が行われていたのかがわかります。
そのほかに、たたら場での人事や処遇、懲罰、各種届出の仕方、小屋の立て方から砂鉄や粘土の見分け方など、おおよそ思いつく限りのことが記載されています。
野原博士は「今の時代で言うと、ノーベル賞モノではないでしょうか」と評価しておられます。

この下原重仲が亡くなってから、今年でちょうど200年。

下原重仲の地元でも、もう一度彼の業績を評価してみようではないかとの動きがあります。

s表恭敬フォーラム2-4最終のコピー


sura 恭敬フォーラム2-4最終のコピー
午前中に下原重仲の生誕地やたたら場などを視察します。(献花代200円)
午後にはフォーラムを開催します。
場所は鳥取県江府町役場2階。
参加費は無料ですが、お申し込みが必要です。
江府町教育委員会 電話 0859-75-2223
または、上記ファックス, e-mail、または のろし、たいこ、大声、お手紙、何でも構いません。ツアーは20人。フォーラムは70人限定になっています。
まだ余裕がございますので、ぜひご参加ください。

都合山、幻の鉄穴探し大作戦!

それは一枚の絵から始まりました。
s近藤家文書2247(都合谷鉄穴)1


近藤家に残る古文書です。
『字都合谷鉄穴』の文字が見えます。
これは都合谷に砂鉄採取場があったことを示しています。
今まで、都合谷に砂鉄採取場、いわゆる鉄穴場があったとは聞いたことがありません。

そこで、現地踏査をして場所を確認しようというプロジェクトが始動しました。

早速、角田先生のご指導の下、たたら顕彰会のスタッフが招集されました。
もちろん遺跡を好物とする季節君も参加。
5人で山登りをすることになりました。

まず麓で地図の確認。角田先生がおおまかな位置の予想をされます。
そして、斜面をよじ登ります。
転んだら下まで落ちてしまいそうな急斜面です。
みんな腰には熊よけの鈴をつけて手袋に長靴。帽子は必需品でしょう。
つい先日も近くでクマが目撃されているので、インディー氏は音響ピストルまで持参して、パンパン鳴らしていました。

山の尾根では水平な小道が続いています。
不思議なほど水平です。
実はここがすでに、井出(水路)なのでした。
すいろ

よく見ると、道の中央が窪んでいて水路の跡が見て取れます。
昔の人はよくもこんなところに水平な道を作ることができたものです。
その技術には大いに驚かされます。

たぶん、ここが鉄穴場に水を引き込む井出なのは間違いありません。
道が二股に分かれていて、その先には何があるか気になるところではありますが、全部を調べる時間的余裕もなく、こんどはもと来た道、逆方向に向かって歩いてみることにします。

しばらく歩くと、右に大きく落ち込んでいる谷がありました。
降りてみると、ここが切端のようです。
山を崩して水路で砂を流したのです。
きりは

周辺には邪魔になった石を取り除いた跡もありました。撥石というそうです。

はねいし

その先は、砂を崩して落としてゆく『走り』になっていました。
はしり

こんな切り崩しがあちこちにあるのかもしれません。
この先はどこに続いているのでしょう?
きっと、下には選鉱場があるに違いありません。

ここも保留にしておいて、尾根に戻って都合山方向に進みます。
すると、急角度に道が谷に向かって落ち始めます。
ここが最終の切端でしょうか。
草につかまり、2人ほど滑落するのを見て見ぬふりをします。
途中から水が流れてきて、ぬかるむ中を季節君も一生懸命写真を撮りながら降りました。

途中でカメラのバッテリー切れになるカメラマン一名。
きっとまたどこかで再開しようねと言いおいて、崖のような斜面を下ります。

息も切れそうな強行軍で、何とか平地にたどり着き、振り返るとこの光景。
taki

水が流れていたら、立派な滝だったのでしょう。

そして、この下は平地になっています。
みんな無事に集合することができました。

この平地は、選鉱場の可能性がありますが、私たちにはその痕跡を見つけることはできませんでした。

平地に沿って都合谷川が流れ、対岸には再結合滓がびっちりと付いています。
さいけつごう

そして対岸に渡ると、たたら街道。
この道をたどると間もなく都合山の遺跡に到達します。
昔の人も荷物を背負ってこの道を歩いたのでしょう。
街道


こうした私たちの冒険は無事終わりを告げたのでした。
季節君が『やれやれ、もう一歩も進めないや (+_+) 』と言うと、角田先生は
「じつは午前中にも、下調べにひとりで同じルートを歩いておきましたし、これからは下りなので楽なもんですよ」
としれっとしておっしゃいます。
いったいこの先生の体力はどれほどあるのでしょうか。


ちなみに、次の『都合谷鉄穴流しの探索探検』は12月4日に行われます。
今日は掲載しきれなかった見どころも、各所にあります。

たぶん、保険料とお茶代程度の参加費で、10名程度の一般募集がされます。
皆さんご参加ください。




このページのトップヘ

見出し画像
×