鉄穴場探しの冒険~都合山編①

伯耆の大鉄山師である近藤家に残る多くの古文書。
その中に都合山鉄山鉄穴場(砂鉄採取場)の絵図があることを以前書きました。
大昔は土砂もろとも砂鉄を掘り出していたので、山に大きな穴が開き鉄穴(かんな)と呼ばれていました。
江戸時代になると、山の中に水路を開き、そこに土砂を流して砂鉄を採取するようになったので鉄穴流しと呼ばれるようになります。

島根県の角田博士は、都合山を13年ほど前に発掘調査されて以来、長らくこの鉄穴流しの痕跡を探しておられました。
そして、いろいろな手掛かりがつかめたので、この度みんなでそれを確認しようというツアーを、奥日野ガイドクラブと伯耆国たたら顕彰会で企画したのです。
もちろん、皆さんを路頭に迷わすわけにいかないので、ある程度の資料などは作ってありますが、季節君も全行程を歩いたことはありません。
当日は、雨が心配されましたが、何とか開催できそうです。
まず近江、畑の駐車場でミーティング。

ミーティング

スタッフ、参加者併せて18人となりました。
今回は全行程歩きです。
流石に、若い方が多いです。
女性もちらほらおられて、すそ野の広がりを感じうれしい限りです。

ありがとうございます(*^▽^*)


いろいろな痕跡を自分たちで探してくださいとの企画の下、種明かしまで相談は禁止にして
山を一キロほど歩いてゆきます。
井出

皆さんが歩いておられる道はすでに水路の上になっています。
ここは歩きやすいねとため息がもれますが、皆さんは井出の上なのをまだご存じありません。
限りなく水平に近い一本に伸びた道を歩いてゆきます。

そして、途中にある分岐点まで来たところで、休憩して全体像を説明して種明かし。
あちこちから水を引いてきて水路を合流させ、水量を確保しています。
さらに2.5Kmほど上がると源流域からダムを作って取水しているところまで行けるそうですが、遠くなりすぎるので今日は断念。

帰りは違う水路を通ってゆきます。
おそらく、古い水路が決壊したので、新しいルートを作ったのだろうとの説明でした。
そしてため池跡。
池

ため池は水量調節のためにあちこちに設けられていますが、夜の間に水をためて作業の時に使ったとも、鉄山必要記事には書かれています。

平坦な道から途端に急斜面になった切端とよばれる砂鉄採取場を降ります。
周囲は真砂と呼ばれる劣化花崗岩帯を崩しています。
それを水と一緒に流していたのです。

流した岩や砂を細かく砕くため、走りと呼ばれる急斜面が続きます。
走り
ここいらで季節君はもう膝が笑っていました。

山の稜線を流れる井出川を根幹にして、あちこちにこうした切端が作られています。
こうした膨大な苦労をして砂鉄を採っていたのですね。

さあ、これからさきにいよいよ選鉱場が待っているのです。

次回に続きます。





下原重仲講演会~新発見がいっぱい~その2

会場はまだ新しい江府町役場二階です。
何と展望の良い会場でしょう。
こんな素晴らしいスペースをお持ちの江府町がちょっとうらやましい !o(*>▽<*)o。
gijyou


役員諸氏のごあいさつの後、島根県立古代歴史センター長の角田徳幸文学博士が基調講演をされました。

内容は、下原重仲と鉄山秘書に関する広範なご説明でした。

鉄山秘書がどのような経緯で写筆され、存在するのか。
東大本、筑波大本、九大本と呼ばれるそれぞれの大学に保存されている本の内容の微妙な違い。
鉄山秘書の内容と見どころ。
重仲の大まかな人生。
その父、臨が経営した小峠鉄山の調査報告。
鉄山秘書の内容が遺跡調査などによる現地調査と非常に類似していて、現実を正確に伝えていることがわかる。研究資料として有効である。
などについて図解を交えて、丁寧に説明していただきました。

次に、江府町で地元の歴史を研究してられる橋谷氏がご講演をされました。
下原家の成立と、変遷についてお話になります。
家系図や俣野の見取り図も添えてあり、わかりやすい資料でした。
さらに、地元に残る灯篭や鳥居などの説明。
これは地元の人でさえ、時間をかけて調査しないとわからないようなものでした。
あちこちに、重仲と息子の恵助の名が刻まれており、重仲がたたらを廃業したという今までの通説が間違いであったことがわかります。
とくに『吉賀谷御鑪  森恵助昌興』と刻まれた灯篭
『吉谷御鑪 森恵助昌興』と刻まれた石柱の鳥居
の発見は、重仲の代でたたらが終わったわけではないことを証明しています。

ここで、「父を探して奥州へ」の朗読劇。
江府読み聞かせの会が、近藤家文書を題材にして朗読劇を披露され、恵助が青森まで旅をして父「重仲」を連れ帰る艱難辛苦の旅を語ってくださいました。



そしていよいよ最後のパネルディスカッション。
時間がかなり押していますが、季節君もここで登場です。
すぎはら氏が四苦八苦しながら無理難題を振ってきます(笑)
すごかったのが、高橋章司先生の発表。

ちなみに、日野町のたたら遺跡発掘調査では、角田先生と高橋先生が大活躍をしておられます。
今年の才之原遺跡、福長下ノ原遺跡発掘調査では高橋先生が解説をされました。

今回は下原重仲の「鉄山要口訳」の解説。
この文書は黒坂森家で発見された文献の一つで、山口屋吉兵衛(下原重仲のことね)の花押が入っています。
つまり、下原重仲直筆の貴重な文書なのです。

この表紙には鉄山諸用記抜萃と書かれていて、下原の作品にはもう一冊あることがわかります。
さらに、山口屋為吉分と書かれています。
DSC04711

山口屋為吉は、下原重仲の孫になるのですが、この文書は下原重仲30歳の時の日付(明和五年 子 十一月まで)があるので、孫がいるはずがないのです。
DSC04714

この謎を高橋先生が解明されます。
これは、重仲が書いた鉄山諸用記を為吉に抜萃させたもの。
為吉は鉄山師になるための修行中に書いたのではないかとの推測でした。
そのために、初歩的な誤字があったり、急に筆跡が雑になったりしているそうです。
最後のページに、日名山鑪にて之を写す とあります。
日名山鑪の場所も今日見てきました。
近藤家文書によると「黒坂村 鉄山師 恵助」が1820~1825年に日名山鑪を操業したことになっています。
つまり、かつて重仲が創業した日名山鑪は、恵助によって継承され、為吉も修行した場所だったことになります。
そのあと、高橋先生は時系列で重仲が書いた書物の解析を試みられています。
鉄山秘書はいつ書き始めて、いつまでかかったのか?=鉄山諸用記が「鉄山秘書」の原題だった可能性もある。
その間に鉄山要口訳があったのではないか。
さらに、前書きにあるように伯州日野の山人がたびたび頼まれて「鉄山必要記事」と名付けたのが、いつだったのか。
鉄山秘書自体は、さらにそれ以前に完結していたはずである。
それは重仲が大阪に発った日付と整合性があるのか。
などをぐいぐいと推理されます。
私は「そんなの聞いたことないよ」と驚く新事実ばかりでした。
私はパネラーでひな壇にいたので詳しい日付を覚えておらず、ここでいい加減なことを記載するのは遠慮しようと思います。現場にいた人たちに聞いてください。



さらにパネルディスカッションでは
★ なぜ重仲は、口外秘とされていた鉄山秘書を書くにいたったのか。(鉄山秘書自体にも、この本は人に見せてはいけないと書かれていますが、結局多くの写本を生んでしまいました)

★ 重仲が不況に至った原因はなにか。(大阪鉄座による鉄山不況の影響が大きい)
★ 今後、地元はどういった活動をすべきか。(下原重仲の功績を世に知らしめること、世に伝わっていることが必ずしも真実ではないので正確な調査を継続する事、地元に残る重仲の資料を早く見つけ、保存すること)
などを、熱を込めて話しました。
でも、季節君のお話は頓珍漢だったかもと、心配しています。

講演会の後、研究者の方たちと、部屋の片隅で少しお話をさせていただきました。
重仲が帰ってきてから、恵助や為吉が重仲の鉄山を継承操業していることは間違いない。
重仲が廃業したとする今までの通説は大きな間違いである。
もし、重仲がいい加減な形で出奔していたら事業承継はできていないはずである。
したがって、重仲はきちんと後始末をして諸国巡礼の旅に出たのではないか。
だから旅に長い時間がかかり、津軽の寺で出家することになったのではないか。
今後は重仲の名誉回復のためにも、そのあたりを検証する必要がある。
などの意見が出ました。

重仲についてはまだまだ調べることが多いなと実感しました。
また今回の講演だけでも、新たに分かったことがたくさんありました。
伯耆の国のたたら探しはまだまだこれからです。








下原重仲講演会~新発見がいっぱい~1

鉄山必要記事という書物があります。

江戸時代に書かれて、たたらに関するおおよそすべてのことを網羅した、全8巻からなる書物です。
その写本が東京大学、筑波大学、九州大学にあって、鉄山秘書とも呼ばれます。
たたらに関して詳細な記録の残る一番古い書物ということで、この本は現代語訳もされていて、多くの研究者が研究しています。

しかし、著者の下原重仲については、あまり研究されていないという実態があります。
下原は鳥取県江府町宮市の人です。
首都圏から遠く離れているうえに古い時代の人ですので、情報収集が難しく、研究されないのでしょう。

ということで、地元での研究が期待されます。
ざっとしらべたところ米子の生田清先生、幡原敦夫先生、洲河崎の影山猛先生の論文が発表されています。
今年の11月5日で、下原氏の没後200年になるのをきっかけにして、地元の意地で重仲を研究しようというイベントを開催することにしました。

午前中は現地視察。午後は講演会を開催します。
まずは車に分乗して25人ほどで俣野へ向かいます。
季節君は、イベントコーディネーターのすぎはら氏から「ちゃんと12時までにはみんなを連れて帰るんですよ」と指示をいただきながら出発。
江府町の橋谷さんから詳細な絵図面を作っていただき、参考にしながら深山口に到着。


下原重仲の実家の前を通り、先祖の石碑をまわって吉ケ谷たたら跡へ。
yosigatani
上段が高殿跡。
下に廃滓場と金池があります。
偶然にも季節君が廃滓(カナクソ)を踏みつけ、取り上げたところレンガくらいの大きさで、皆さん納得でした。

近くに鑪場の願主の名の入った灯篭があるそうです。
おそらく商売繁盛を願って神社に寄進したものでしょう。
灯篭の中には、銑鉄で作った燭台が入っていました。
syokudai


さらに近くのたたら場跡を見学します。
yasikimae
深山口屋敷たたら跡です。
右手の平地が高殿跡。
その先は谷になっており、廃滓捨て場になっています。
磁石にくっつく排滓、おそらく鍛冶滓もあるので、鍛冶場も近くにあったと考えられます。

たたら操業家と思われる建物の裏庭にはきちんとした水路がひかれておりました。
伯耆誌には俣野に8つのたたら場があると記載されています。
鉄山必要記事には、俣野鋼は最高品質の鋼の一つであると誇らしく記載されています。

車に戻って、重仲が移り住んだ宮市の屋敷跡に移動します。
近くの神社には下原重仲(吉兵衛)の寄進した灯篭がありました。
tourou

ここでは全くたたら場の配置がわからないのですが、古い石組の立派な水路が残っており、まさにたたら場があったことを感じさせます。
suiro2

人の生活だけではなく、鉄を冷やしたり、粘土を練ったり、砂鉄を洗ったり、水車動力を得たりとたたら場には必ず水場があります。
今日訪れたたたら場は、いずれも操業家 (下原家)の自宅近くに構えられています。
島根県では見られますが、奥日野では自宅とたたら場が隣にあるというのは数少なく、珍しいのではないでしょうか。
あるいは古い形態なのかもしれません。


そして最後に、下原重仲と息子の仙助のお墓参りをしました。

もう時間が残り少なくなり、小走りに車に向かいます。
会場で待っているスタッフさんに叱られないように皆さんをせかし、何とか12時までに帰ってくることができました。

(^-^;

さてさて、午後は大事な講演会があります。
昼食の後は、講演会場へとなだれ込みます。

つづく 





このページのトップヘ

見出し画像
×