本日から、中海TV121CHで初耳ウルトラローカルクイズが放送されています。
一日がかりで行った収録ですが、ずいぶん端折って30分番組になっています。
まあ、TVというのはこういうものなのですが、どーんと2時間特番とかしてほしいと思ったり……

それでも出来はとてもよくて、いろいろな失敗をうまくフォローしてあります。

もし皆さんお暇でしたら、見てやってください。

 

中海TVの人気番組「ウルトラローカルクイズ」の収録がありました。

なんでも日野町のたたらについてクイズ番組を作りたいとのことであります。

季節君が依頼を受け、クイズ問題を作りました。

日野町役場に集合し、まずは金持神社へ。

ゴールデンウイーク最終日でもあり、金持神社の駐車場は混雑をしておりました。この人気はすごいですね。

で、季節君の心の準備も関係なく、いきなり収録開始。

「今回のテーマは?」

と聞かれて、周りを見回しますが、誰も知らん顔。「えっ!俺に聞いてるの?」

∑( ̄Д ̄ll)


そう、もう本番が始まっているのでした。

いきなり、神経締めをされた魚のように季節君は背骨が震え、緊張で動けなくなってしまします。

「えっと、たたらで栄えた日野町から、たたらについてクイズを出題します」と答えたような記憶がありますが、定かではありません。この場になって初めて、えらいことを引き受けてしまったと思いました。

金持神社の説明をしてから、鉄で栄えた証拠を見せるべく、朝狩山鉄山へ移動しました。

 

長くて細い山道を、車に揺られながら、10分。

朝狩山鉄山で収録開始。

「ここに水路があり、溜池の跡が見えるでしょう。この池を何と呼ぶのでしょうか?」

記念すべき第一問でした。

この後段々とわかってきますが、たたらというのはすごくマイナーみたいで、誰も答えが出ないのです。

二問目は傍にあった金屋子神社の問題。

この時、天は一転俄かに掻き曇り、大粒の雨が落ちてきます。雷の音も激しくとても収録できる状態ではなくなりました。


車に逃げ込むと前も見えないほどの土砂降りと相成り、這う這うの体で根雨楽舎に逃げ帰りました。

近藤家にお願いしてクイズに参加していただき、なんとか番組は成立したようです。

そして、都合山の資料館に移動して出題。
ここで手馬制度(運送用馬のリース制度)について、突然聞かれて、答えることができませんでした。緊張のあまり、胡麻化すことも出来ず出題者が無残にも敗退。アドリブにはめっぽう弱い季節君でした。

_| ̄|● ガックリ


その後、和室で早押しクイズをして、ここではミスもなく無事終了。

ご協力いただいた皆さん、大変ありがとうございました。

TV収録はハプニング続きで、企画通りにはゆかないのだな、ということを思い知らされた一日です。
今回は、自分が出演したので、残念ながら写真はございません。

刀剣乱舞というゲームで童子切がいつ出てくるかというのが、我々の大いに期待するところではあります。
季節君はじいさんに片足突っ込んでいるので、ゲーム自体はしませんが、その人気が気になるのです。
刀剣乱舞には多くのファンがいて、それが刀剣女子の発生源となっています。
童子切がいまだキャラクターとして登場していないのが残念な限りでございます。

それとは別に天華百剣というゲームがあります。https://tenkahyakken.jp/zan/

このゲームに出てくるキャラを見て驚きました。童子切安綱鬼切安綱、はたまた抜丸まで出ているのです。
抜丸の作者は安綱の息子、大原真守なのは皆さんご存知でしょう。

源平盛衰記によると、
抜丸はその昔、木枯らしと呼ばれていました。それを平清盛のオヤジさん、つまり平忠盛が『栗真庄の年貢三千石に替えて買い付けたとされています。
三千石がピンとこんのですが、一石一両とすれば3億円になります。まあ、昔話は大げさですからそこは大目に見ましょう。

そして、池から出てきた大蛇をやっつけてくれたことから抜丸と名を替えたとか。
同様のことが平治物語にも記載されていて、平治物語では「伯耆国大原さねも里つくると伝ふ」とはっきり記載されています。
平治物語は平治元年(1159)頃のお話を記したもので西暦1200年頃作られたお話と考えられます。

抜丸は、その後平頼盛を助けて大活躍をしたのですが、この刀は室町幕府に保存されていたところで、行方不明になります。

そしていまだに行方知れず。

大原真守ゆかりの地として、伯耆町、米子市、倉吉に真守屋敷跡という場所があります。

1000年の時を越えて、がんばれ大原一門!と季節君は応援するのです。

o(*>▽<*)o


このページのトップヘ

見出し画像
×