日本の鉄文化、たたらの歴史フォーラム その2

お昼休憩になり外に出てみると、宮光のじいじはペーパーナイフを作っています。
IMGP0086

ガンガンと大きな音が響いて人目を引いていました。やはりイベントの集客は音、光、美味そうな匂い、かわゆい女の子ですもんね(笑)

IMGP0088
 沢山の人を掻き分けながら、たたら場に移動して見ます。

多くの人が集まって、たたらは丁度ノロを出しているところでした。

IMGP0095

一番絵になるところなので、カメラマンがたくさん来ていました。

 

楽屋では弁当が届いていて、出演者のみなさんと懇談しながら食事。

午後の一発目は井沢元彦氏の講演です。

そして米子真武館の居合披露。

IMGP0104


真剣がひゅんひゅんと音を立てる様は迫力があります。

大神山神社でも披露されたそうで、中田さんの居合は神がかってきたという噂もちらほら。

 

そしていよいよ高橋秀樹さんの講演。

IMGP0130

お客さんの心をとらえる話術が素晴らしく、70分があっという間の講演でした。

途中、リクエストにこたえて太刀回りに付いてのエピソードも披露され拍手喝さいです。

高橋さんの刀剣に関する知識も相当な物ですが、この日の聞き役の全日本刀匠会の及川さんのお話も素晴らしかった。

ちょっととぼけた雰囲気で聞き役に徹しておられましたが、要所の刀剣に関する指摘は、その知識の深さの片鱗を見せていました。またこの方のお話をじっくりと聞いてみたいなって思っちゃいましたね。

 

高橋さんの講演の後、急いで広場に出ると、たたら操業ではケラ(鉄)が出来ていて今年は5.89Kgだったそうです。15Kgの砂鉄を使ったので良い数字だと思います。

 

そして高殿の解体。夕暮れる中、無事に終わったフォーラムにほっと胸をなでおろします。

こうして米子でもたたらの爪痕を残すとこが出来ました。


日本の鉄文化、たたらの歴史フォーラム

さて、いよいよフォーラムの当日となりました。

楽屋には、各地区の代表者が到着し発表の用意を始めます。伯耆国、陸前国、出雲国、備中国、安芸国、播磨国の皆さんです。

9時50分になり、楽屋に呼び出しがかかりました。各人の持ち時間は12分。

他の講演会で、発表者が持ち時間を大幅にオーバーし講演会がグダグダになった経験があるので、皆さん時間厳守で行きましょうねと申し合わせます。

季節君は、この日の為にストップウオッチを買ってきました。

 

ステージの袖に入り、緞帳の裏にスタンバイ。

すでにステージ上には季節君の作ったパワーポイントが表示されています。

「それでは、各団体の事例発表をしていただきます。最初に伯耆の国たたら顕彰会にお願いいたします」

カッキ―ン ! ∑( ̄Д ̄ll)

このひとことで、季節君の緊張は極限に達します。

えっと、一歩目は右足からだったっけ。

足がなかなか前に出てくれません。

それでも、ステージ壇上に立ち、とりあえずストップウオッチをスタートします。  

何か言わなくっちゃ。

(-_-;)

「伯耆国たたら顕彰会です。そもそも日本の鉄造りは……」

詰まりながらも、ひとこと声が出ると緊張もほぐれ、何とか話続けることが出来ました。

話し終え、「以上です」

と言った途端にまた緊張。

会場の拍手に促され、これで帰っていいのかしら?

バックで帰ろうか、回れ右をしようか……

ストップウオッチの時間は12分01秒を指していました。

 

客席に下りて次のみなさんの発表を聞いてみると、それぞれの団体で全く取り組みが違います。

行政が発表されたのが島根県。流石にスケールがでかいです。
IMGP0069

教育委員会が発表されたのが兵庫県

広島県はあの手この手で攻めますが、組織が小さいのに善戦しておいでのようです。

新見市はすごく熱く滾る血を感じました。

岩手県は鋳物師さんがおいでで、話が具体的で参考になりました。流石に鉄のプロフェッショナルです。いろいろ聞いたり見学したりしてみたいのですが、岩手は遠いからな~

 

講演が終わり、控室に帰る通路で高橋秀樹さんを見かけました。

次の講演は角田先生と石村さんの講演です。

IMGP0078

角田先生の講演はたびたび聞いています。石村さんはいろいろな産業とたたらとのつながりを有機的に説明されました。

 
つづきます。


ワンダーフォーラム前日

さあ、いよいよ大山ワンダーフォーラムのたたらサミット前日となりました。
IMGP0045

会場の米子市公会堂の玄関にトラックを横付けして、作業開始です。

我々のチームは右側でミニたたらを操業します。

何度も小屋を作っているので、思ったより短時間で組み立てることが出来ました。
IMGP0048

そして左側では、「宮光」工房がオリジナルのペーパーナイフ製作をします。

 

季節君はと言えば、講演の担当ですので、ステージの出来具合を見てみました。
IMGP0049

ステージ上もすでにプロフェッショナルな皆様が用意を進めていらっしゃって、張り詰めた雰囲気が伝わります。

ロビーには大山開山を記念して造られた日本刀が立派に展示されていました。
IMGP0060
季節君は、明日になって道に迷うといけないので会場を探検します。
そういえば、日野町文化ホールでも控室からステージに出ようとして外に出てしまったことがあります(笑)

季節君の控室は2階でした。
一階だとこんな人もいてよかったのに。

 IMGP0062

これだけの大規模なイベントになると思っていなかったので、会場で季節君は、ただ右往左往しているばかりでありました。


このページのトップヘ

見出し画像
×