金持丼を食ってきました。

昨年は、たたらんちが話題になった日野郡のレストランですが、今年はもっと手軽にということでたたら丼が出来ました。
日野郡内のレストランで提供されているので調べてみてください。

季節君は レストランもりの
大山鶏柚子胡椒餡かけ天丼 950円也を食べてみました。
don1


鶏はサクサクに揚がっており歯触りがよく、おいしいです。
さらに柚子胡椒の香りが口いっぱいに広がって、これは絶品でした。
よく食レポなどで、食味の評価をされますが、なんといっても食べるのが一番。
鶏肉が使ってあるので、胃もたれもせず美味しくいただきました。

奥日野においでの際は、ぜひ食べてみてください。

たたら通信 VOL8

たたら通信の8号が出来ました。

伯耆国たたら顕彰会の会員になっていただいている皆様には発送させていただきました。

また、根雨楽舎でも配布いたしております。

ないようは

フォーラム2018

奥日野たたらの里づくりプロジェクト

平成のふいご祭り

電子紙芝居
鈩古道の紹介
木下家
総務大臣表彰
調査報告

となっております。
役員一同頑張って作りましたのでどうぞご覧ください。
tuuinn

古文書の勉強会がありました。今回で4回目です。

季節君も、少しずつではありますが、古文書に慣れてきたようであります。

結構難しいのが、ひらがなの読み。

漢字を崩してひらがなが掛かれているので、現代国語のイメージでいると足元をすくわれます。

 

これがわかっただけでも、大いなる進歩です。

きっと、宗教界は「いやそんなことはない」と否定するでしょうが、ガリレオと季節君はこれを強く肯定するのであります。

 

今日は待ちに待った、勉強会ですので、季節君なんかは30分前に会場に到着です。

今日は一番乗りだ~

 

ヤッルゥ!o(*><*)o

 

しかし、豈はからんや!

季節君は3番目でありました。

皆さん楽しみにしておいでなのですね。

 

でもって、先生もおいでになって、勉強会のスタート。

ざわざわ。。。

カメラクルーがいるし。

なんでも、チャンネルひの 地元ケーブルテレビの取材のようでした。

わけもなく緊張してしまいます。

 

そして、いつものように生徒さんで順番に福田家文書を読んで行きました。

今日の生徒さんは優秀で、季節君よりかなり上級者の皆さんでありました。


 



午後は、皆さん福田家の墓所に見学に行かれるとのこと。

京都でも4千石を越える領地を持ち、黒坂陣屋の城主ともなった福田家の墓所。ずいぶん大きいところだそうで、ぜひ行ってみたかったのですが、季節君は午後のスケジュールがあって同行できなかったのが残念です。

 

そして、次回の読解は誰が行うのか先生のご指名がありました。

「じゃ、次は季節君から」

不意を突かれて、言葉に詰まる季節君。

「聞いてないよ~」

( ̄Д ̄ll)

このページのトップヘ

見出し画像
×