カテゴリ:
本日、日野町でたたら研究会が開かれました。
全国組織である学術団体 たたら研究会の会員の皆さんの学術研究発表会です。
会員40名と一般参加とで70名ほどいたでしょうか。
最初に古瀬会長からご挨拶があり、『この町は近藤家をはじめとする大きな鉄山氏のいた町で、たたらもいたるところで行われていた、この日野郡はたたらの聖地である。。云々』
そうか、日野郡はたたらの聖地だったのかぁ。。。

町長の歓迎挨拶に続いて早速研究発表が行われました。
①近世後期における出雲の国能義郡鉄師家嶋家の経営進出
②真砂砂鉄と赤目砂鉄の分類
③鳥取県都合山炉出土鉄関連遺物の金属額的調査
④鳥取県天神川流域の鉄穴流しと海岸地形の変化
⑤鳥取県日野川流域に見る炉の立地と移動
⑥鳥取県砺波炉跡の調査

と、6本の研究発表が行われました。
少々頭の固くなってきた私ですが、興味深く拝聴いたしました。
地元鳥取県を意識した研究発表が中心となりましたが、いろいろ見識を深めることができました。
砂鉄でも、その含まれる成分によって鉄のでき方が違うことや、刃物になる鉄、鋳物になる鉄のことなど(実際の発表では比重選別された砂鉄と磁力選別された砂鉄ではチタンの含有成分が違い、それによって溶解した鉄の粘度が違うこと、さらに製造過程に違いが生まれ、製品となる鉄塊の性質も変わることなど)
とか、今の地形からたたら製鉄(かんな流し)が行われていたであろうピンポイントの特定の仕方なんてのもありました。
島根県教育庁古代文化センター 角田さんの研究論文は何度も拝聴しているので少しづつ深いところもわかってきたような、、、?

その後も片付けの合間に、近藤家現当主の方とお話させていただく機会に恵まれ、いろいろ秘密っぽいお話も聞くことができました。きっと、日本屈指の学芸員の皆様でも知らないであろうと思われます。さすがに日本一の鉄山師の家柄だなーーーって感心しました。

じつは、研究発表のあいだも近藤さんの隣の席にくっついて難しい話の説明を、近藤さんご本人から受けていたちゃっかりものの私でした。

カテゴリ:
今週末は日野郡でイベントが目白押しです。
14日 土曜は日野町文化ホールをメイン会場として『たたら研究会 烏取大会』があります。私も役員としてお手伝いに行きます。

15日 日曜には 日野郡新そば祭りがあります。NHKで夕方宣伝していました。
POPPO君がTVで緊張気味で説明していたのが印象的でした。
アナウンサーの宮地さんも、うちのお得意サンなので親近感がありました。

天候が不順なので心配ですが無事にイベントが行われるといいですね。

カテゴリ:
今回、このHPを立ち上げるに当たり多くの皆様のご協力をいただきました。
私がかよっていた高校の恩師、景山先生にたたらについての出筆をお願いいたしました。
しかし、先生はこの方面のご専門で私たち素人には少しレベルの高い内容であったように思います。
そこで私なりに素人編の『たたら』の説明を考えてみました。

現代の製鉄は、コークス等の燃料を使って鉄鉱石を溶かして鉄を作ります。この方法だと純度は低いものの大量に安価で鉄を作ることができるのです。その方法で現代の橋や船やビルディングが作られ、現代の人類の繁栄はこの鉄によってもたらされたものであると考えて差し支えありません。(前回のセミナーで教えていただきました)
一方たたらは、木炭を燃料とし砂鉄をじっくり溶かして3日3夜かかって鉄の塊を作ります。そこには1000年にも及ぶ知恵が生かされています。砂鉄の品質、送風量の調整や炭の加え方などで非常に純度の高い鉄を作ることができます。100年掛けても錆びないほどの純度の高い玉はがねといわれる鉄です。
そしてそれを作るための炉も高温にするための送風システムや、高温になったとき水蒸気爆発を防ぐための地下構造など複雑なシステムが構築されています。
そのシステムをこのところ発掘して地下構造などを確認しているのです。日野郡内の遺跡は保存状態がよく、近藤家の1万点にも及ぶといわれる書物など文献も多くあるので調査には最適な状態があります。日野郡内にあるまだ手付かずの製鉄の遺跡の調査は始まったばかりなのです。。。。

って、感じでしょうか。まだ私は入門したてですのでどなたか間違いがあったら訂正をお願いいたします。
明日は、たたら研究会の全国大会がありますのでもうすこし勉強してこようと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×