カテゴリ:
根雨の老舗料亭 朝勝館は有名なのでご存知な方も多いと思います。
近藤家とも縁のあるところだと聞いたことがあります

昨日 会議があったので ご主人にお話を伺いました。

もともとご先祖は 朝刈りというところのたたらばで働いていたのだそうです。
その後先祖が 根雨で料亭を始められました。名前は『朝刈屋』場所は大近藤ご本家の斜めお向かいだったそうです。
繁盛したのですが、やがて 大近藤のお向かいに飲み屋があるのはいかがなものか。という話が持ち上がり、現在の場所に移転。
屋号も 朝刈屋勝太郎からとって朝勝とされたそうです。
現在のご主人が4代目だそうです。
鯉こく、魚そうめん、鮎料理などが有名です。なおご利用の際は予約が必要だと思います。

カテゴリ:
去る6月16日、広島県重要無形文化財認定者で無鑑査刀匠、三上高慶さん(左)、たたら製鉄の興亡を通して中国山地の暮らしと文化の深層に迫った著書「鉄学の旅」の執筆者で中国新聞社の元記者、島津邦弘さんが近藤家、根雨と大宮の「たたらの楽校」を見学されました。
三上刀匠は、「師匠の月山貞一さん(人間国宝)から明治時代の玉鋼のすばらしさを聞いたことがあり、ぜひ、印賀鋼で作刀してみたいです」と希望を、また、島津さんは、「著書では近藤家のたたらを取り上げましたが、実際に近藤家を見学できて光栄です」と話されていました。

null

カテゴリ:
今日、私が商工会で打ち合わせをしていると日本海新聞から伯耆国たたら顕彰会に取材の申し込みがありました。
涼しい事務所でお話できるし、マスコミの方と知り合えるチャンスです。
で、カメラを持ってお邪魔しました。
お邪魔とはいえ、私が会長ですので一応受け答えはします。(もっぱら詳しい説明は事務局さんで わたしは世間話担当(笑)

すこしづつ、すこしづつ話が盛り上がって、町づくりの輪が広がってゆくといいですね。
目標はと聞かれて『水木茂ロード』といいたかったのですが、あまりにハードルが高いので『ひとつの観光スポットになって日野郡がにぎやかになればいいですね』と言っておきました。null

あ、そうそう、会員1名ゲットです。記者さんが会員になってくださいました。

幹部の皆さん、しっかり会員を勧誘してくださいね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
伯耆国たたら顕彰会では会員を募集しています。
たたらでにぎわった伯耆の国をもう一度盛り上げようという趣旨に賛同していただける方、一緒に活動しましょう。年会費1000円で、イベント情報、会報をお送りいたします。
連絡先 日野町商工会内 たたら顕彰会事務局 0859-72-0249

このページのトップヘ

見出し画像
×