カテゴリ:
夏の間は楽舎の運営に忙しかったのですが、冬休みになってやっと一息ついています。そしてこの冬休みのあいだに空っぽの頭の中に少しでも知識を入れておきたいと、たたらの歴史の勉強をしています。
今読んでいるのは渡辺ともみ著の「たたら製鉄の近代史」という本です。
null
歴史的にも、地理的にもかなり広範に及ぶ記述が見られますが、それでも私の知っている名前があちこちに見られます。
やはり和鉄は奥出雲と伯耆が特に有名とのことです。
江府町出身の下原重仲の鉄山秘書のこととか、近藤家のこととか、影山猛先生のことなんかも書いてあり、地元民としてはうれしい限りです。
こんなところに産まれながら、今まではたたらの歴史についてちーっとも知らなかった季節君でした。これからは地元の人にもこの地方で盛んだったたたら製鉄の歴史を、もっと知っていただかねばなんねぇぞって思ってしまいます。
しかし、この本は難しいことがいっぱい書いてあるし(学術書だから当たり前なのですが)厚さもあって、そのわりには絵が少なく、私には読むのが大変です  (-。-)フゥ

カテゴリ:
今年の山陰のお正月は大雪で大変でした。
奥日野では、雪深いのは当たり前です。しかし、里のほう、つまり米子となると状況は変わります。電車は立ち往生。ラッセル車も雪に乗り上げて脱線してしまいます。
元日のニュースから9号線は1000台以上が立ち往生だといってました。TVで大変そうだなってぼんやり考えていましたが、実際はもっと大変だったようです。ごく親しい友人もこの渋滞に巻き込まれていたようで、紅白歌合戦は車の中で見たとか、枝道を迂回してやっと自宅に帰ったらあくる日夕方の3時になっていたとか言ってました。途中で寝てしまうわけにも行かないし、いくらなんでもこれはつらいですよね。
私も2日に米子に出ようとしたのですが、途中の溝口あたりですでに渋滞に巻き込まれました。延々と見える先まで車が止まっています。国道の両脇には雪が積み上げられて道幅が狭くなっています。こんな状態で大型車両がスリップしたら身動き取れなくなるんでしょうね。私は3秒悩んだ末に引き返しました。(笑) 後で聞いた話では私より5時間前に出かけた人もこの渋滞に入って身動きできず1日つぶして引き返したそうです。
そして、3日。子どもを送るため米子に行きました。やはり渋滞。そして雪の量がとても多いのに驚きました。港に停泊中の船も雪が積もって360隻以上沈んだとか。
電車も出ていませんでした。そんなこんなで何もできないお正月休みでした。

カテゴリ:
ブログをごらんの皆様、新年あけましておめでとうございます。
昨年は当ブログをご贔屓に頂きありがとうございました。
今年は、たたら顕彰会も活動2年目になります。昨年は思いっきり活動をダッシュして目が回るほどでしたが、ことしもやっぱし目が回るかな?
息切れしないように、スタッフの皆さんに手を引かれながら。そんでもって適当に邪魔しながら、いつものペースでやってゆこうと思います。

新年の初詣は根雨 祇園神社に行きました。夜11:45分に家を出てぼちぼちと歩いて神社に向かいます。しかし、はて?例年なら太鼓の音がしてにぎやかなのに今年は静かです。しまった!あわてんぼうの季節君はフライングして早く来すぎたようです。
今年は大雪。階段が埋まって上手に上がることができません。よたよたとしながら、階段を上がっているところで太鼓の音が聞こえ始めました。
どうやら、大雪で初詣のお客さんの出足が遅く、神社の宮司さんもタイミングを待っておられたようです。
したがって本宮の前にはまだ人垣が少ないです。例年なら寒い中を並んで待ってるんですが今年は割合はやく巫女さんのところにたどり着くことができました。で、熨斗袋にお賽銭を包んで差し出します。季節君の懐具合を繁栄して薄っぺらな熨斗袋ですいません。そして鈴を鳴らして二礼二拍手一礼。巫女さんから差し出された杯を受け取りお神酒を頂きます。もっとおおきな杯でもいいんですけれど。(#^.^#) すいません、罰当たりなことをいって 。

さらにお宮をぐるっと回りながら小さい祠にもお賽銭を入れてお祈りをします。私の前の人はずいぶん長ーーーい間、お願いをしていました。いろいろ神様に頼みたいことがあるんでしょうね。
しかし、今年は初詣客が少ないということは、神様に聞いていただける確率も高いのかもなんて思ってみたりもします。季節君は大雪を押してやってきたのですから神様、そこのところをくんでやってください。何をお願いしたのか、、福が逃げるのでそれは言ってはいけない約束です。
私たちが帰る頃になってようやく人通りが多くなってきました。皆さんにも、今年がよいお年でありますように
そして皆様今年もどうぞよろしくお願いいたします。

このページのトップヘ

見出し画像
×