カテゴリ:
null
この伯耆の国のたたらに関する取り組みを始めてあっという間に3年がたちました。
そして、本日いよいよ伯耆の国のたたらをテーマにした本『TATARA』が完成しました。私たち、これに関わった者も感激しましたが、作者の松本薫先生はいかにお思いであったろうかと思います。

さっそく 平井烏取県知事にお知らせをいたしました。知事はさすがにざっと目を通されたあとするどい質問を連発されました。驚きです。

自宅に帰ってきて今の私は程よい疲労感、とりあえずの放心状態です。ひとりで祝杯を挙げています(笑)

あすからはまた忙しい本の発送事務が始まります。
飲み過ぎないようにして明日のたたらの楽校の解説や本の発送作業にみんなと頑張らねばなりません。

カテゴリ:
いよいよ、松本薫さんの小説 『TATARA』が発刊されます。
松本さんは2年間をかけて現地調査、時代考証をされて小説を書き上げられました。
日野郡を舞台にしたこれほどまでに緻密、かつ重厚、ロマンにあふれ、多彩な登場人物、歴史を顕彰し、ナミダを誘い、今を生きる人に勇気を与え、日野の過去を鮮明によみがえらせ、、、あと、なんて言いましょうか。
季節君はそれくらい感動したのであります。読みながらあふれる涙を止めることができず家中水浸しになってしまいました(うそです)

おかげさまで皆さんの前評判も上々でご予約も殺到しております。

その小説がいよいよ発刊されます。
11月1日には書店に並ぶ、、のかな?
とりあえず10月30日には、本を持って平井烏取県知事に発刊のご挨拶に伺います。
10月31日には伯耆の国たたら顕彰会で梱包をして、ご予約いただいた皆様に発送を開始します。1日では発送手続きが終わりそうもないくらいの量です。

そして11月23日には日野町文化ホールで出版記念フォーラムを行う計画です。松本薫さんが講談され、続いてたたら史研究の第1人者 景山猛先生が日野のたたらの歴史を説明されます。さらに地元の名士がパネルディスカッションをしてこの本の価値と真相に迫ります。最後には松本薫さんのサイン会も行います。

12月2日には米子市コンベンションセンターでパネリストを替えてフォーラムを行います。

読者の皆さんには感想文を募集し、応募いただいた方に日野のお米や味噌、鳥なべ、自然薯、その他いろいろをお送りする予定です。

読んで感動、サイン会や講談も付いて、食材まで手に入るといういままでになかった出版業界を震撼させる大サービス!至れり尽くせりのこの本『TATARA』を買わないと損です。
ちなみに10月31日の午後4時までにたたらの楽校 根雨、大宮でご予約いただくと若干割安になります。お近くの方は急いでお申し込みください。


カテゴリ:
今日はたたらの楽校根雨楽舎にタペストリーを取り付けました。
(*゚▽゚)/゚・:*【祝】*:・゚\(゚▽゚*)
見物においでになったかたは「きれいげで、楽しげでいいですわ」と言ってくださいました。カラフルで、きれいなデザインで私も結構満足しています。
このタペストリーが出ているときは開館していますので目印にしてください。
null

午後は結構たくさんの入館者がありにぎやかでした。
私が今日のご案内担当でしたが、先日仕入れた「備前長船」のお話をしたりして自分自身も楽しくお話をさせていただきました。お客様の楽しげな様子を見ていると会話が弾みます。今までは30分の無料オモシロ解説でしたが、これからは気分しだいで時間延長してしまいそうです(笑)、、そうそう、陰陽師 安部清明のお話もオーダーによって加わります
( ^∇^)キャキャキャ
今日は祇園神社の秋の大祭の日です。地元小学校では金管バンドの演奏会が重なってしまったため、子供が少なく少々さびしかったのですが、それでも御幸行列がでて子供たちは楽しげでした。
null
私が子供のころはお祭りの日は小学校は早仕舞い。そして子供相撲があり5人抜きをすると賞金が出ました。
(私はいつも一番負けでした)
さらに御幸行列に参加するとお小遣いがもらえます。子供みこしと言って、白木で組んだ簡単な神輿がありそれを男の子は担いで町を練り歩きました。三谷、根雨、高尾の神輿が出て結構にぎやかだったのです。子供たちは思いっきりゆすってどこの宮の神輿が最初に壊れるか競争でした。女の子は紅い袴と白い上着で着飾ります。いつもはお転婆な子もこの日ばかりはおしとやかになって、あわい初恋が生まれたりしたとか、、、しなかったとか、、、しなかったとしても季節君の責任では有りません。
大人はお神酒をいただき、へべれけになって側溝の小川におちたりしてもいました。そんな楽しい思い出のある秋の大祭です。
いまでは担ぎ手不足から神輿には車輪がついてしまいました。それでも、秋のうららかな日を浴びて今年も無事お祭りは行われました。

このページのトップヘ

見出し画像
×