昨日、太平記について書きましたが、実はあまり知られていないのが、平家物語についてでして…
太平記より平家物語の方が、150年ほど古いのです。したがって平家物語を原本として太平記が書かれた可能性が極めて高いです。---とおもいますです。季節君は素人なので確証はできません。

で、平家物語を読んでいます。
これがまた長い。


(。ノ_・。)ウッ・・

要約を書きます。

髭切、膝丸という二本の剣の由来は、多田満仲が鎮西府将軍になったとき、「天下を守るものが良い刀を持っていなくてどうする」と言って、各地から鍛冶を集めて刀を作らせたが思うものができない。筑後の国三笠郡土山に異国からの鉄細工師がおり、それを呼び寄せたがよいものは作れなかった。細工師は八幡宮に祈祷したところ、60日後に鉄を鍛えて作りなさいとお告げがあり、細工師は60日後に二本の剣を作った。満仲は大いに喜んで、その刀で罪人を切ったところ、一人は髭まで切れたので髭切、ひとつは膝まで切れたので膝丸と名付けた。

その嫡子頼光の時には不思議なことが多く起こった。

人が行方知れずになることが起こる。これを詳しく尋ねると、嵯峨天皇の時、嫉妬深い娘が鬼になって男女を問わず攫った。宇治の橋姫とはこのことである。

頼光四天王の一人、渡辺綱が頼光より髭切を持たされ、一条大宮に行き一丈戻り橋に差し掛かったところ、若い娘が南に向かって歩いていた。綱がこれをナンパして馬に載せ、送り届けようとすると、娘は鬼になり綱の髪を掴んで飛び去ろうとした。綱は髭切で鬼の腕を切り落とす。これを頼光のところへ持って行くと「これはえらいこっちゃ」と、安倍晴明をお呼びになり訊くと「7日の謹慎をしてください。」というのでその通りにした。

6日目のたそがれどきに綱の養母がやってきて、どうしても屋敷に入れろとヤンチャを言う。そして屋敷に入れると今度は「鬼の腕を見せろ」とわがままほうだい。鬼の腕を見せると、養母は鬼に姿を変え「これはわしの腕だ」と腕を持って飛び去ってしまった。以来この髭切を「鬼丸」と改名した。

 同年の夏、頼光は病気にかかり30日の間苦しんだ。ある夜、法師が出てきて頼光を綱で縛ろうとした。頼光はこれに気付いて、そんな趣味はないと膝丸で切りつけた。四天王たちが駆け付けてきて、血痕を辿ると北野の裏に塚があった。そこには4尺もある蜘蛛が居たので串刺しにして河原にさらした。これいらい膝丸を「蜘蛛切」と号した。

その後、この二振りの刀は源氏代々に伝わる。前九年、後三年の役などはこの刀の霊験により戦では連勝する。鬼切は夜な夜な獅子が吠えるような声で鳴くので「獅子の子」と改名され、蜘蛛切は蛇のように鳴くので「吠丸」と改名される。吠丸は為義から娘婿の教真別当に与えられ、熊野権現に奉納される。一本ではなんだか寂しいなと、吠丸の代わりに作られた刀は小烏と命名されるが刀身が少し長い。二つ並べて立てかけて置いたら、獅子の子が倒れて小烏を切って同じ長さにしたので、獅子の子を「友切」と改名する。しかしその後、友切を持つ頼朝に連敗が続く。義朝がそのことを八幡大菩薩に妬むと、名を元に戻せと夢のお告げがある。髭切に名を改めたところ、再び頼朝に武運が戻り活躍するようになった。

まだまだ続くのですがここで季節君の心が折れてしまいました。
また気が向いたら書き続けます。
ちなみに、源平盛衰記や平治物語もこれを原本にして書かれています。
平家物語を読むといろいろ思うことがありますよね。
髭切は 「銘尽」という 刀の古本書(重要文化財だったかな)に伯耆鍛冶の項目で出てきます。


日曜日に、図書館に詰めていました。
あちこちの文献に当たり、安綱のことを調べていたのです。
私ごときが、新たな発見などできるはずもなく、過去の文書を調べるのが精一杯です。

平家物語、源平盛衰記、方丈記、太平記、岸本町史、日野町史、日南町史、倉吉市誌、米子市誌、鳥取県史。鳥取藩史、伯耆民談記、鳥取県大百科、全国地名辞典、伯耆誌、日野郡誌などいくらでも読む本があって……

疲れました。

その一つ、太平記について。

童子切の解説に使われたりするのですが、読んでみると結局、童子切についてはなにも書かれてはいませんでした。童子切については、安土桃山のころに作られた話なので、太平記の時代にはまだなかったとする説もあるようです。もちろん鬼は居ないので作り話なのはわかります。

そしてわかったのは、鬼は、元はといえば平家の宝刀であったこと。大原鍛冶が作っていないこと。
は安綱が作ったこと。
鬼丸も鬼切も一時、新田義貞が所有していたこと。
鬼丸と鬼切は逸話が混同されますが、こうして解釈してみるとすっきりします。
自分なりの解釈ですので間違いもあるかと思いますが、私が要約した刀剣に関する記述の部分を載せてみます。
しかし、ここに書いたのはほんの、百億分の一くらいで太平記は長すぎ、読むのにくたくたでした。

(。ノ_・。)ウッ・・

尾張修理大夫高経が将軍家を攻めるのは何のうらみがあっての事か。それは尾張修理太夫高経が新田義貞を討ち、源氏累代の宝剣であった鬼丸、鬼切という二振りの剣を取り上げたとき、将軍が使者をもって『その刀を当家に伝えるので差し出せ』とたびたび言ってくる。高経は火事で焼けましたと、身代わりの刀を差し出したところ、将軍は怒って、十分な恩賞を与えなかった。そこで将軍に対し戦を仕掛けている。

この鬼丸という刀は北条四郎時政が天下を治めていた時、小鬼が枕元に現れて時政を苦しめる。ある夜、この刀は老翁になって夢に現れ『刀が錆びて抜けないので、あなたを守ってあげることができない』と訴える。時政はこの刀の錆を取り、鞘に入れずに柱に立てかけておくと、火鉢に向かって倒れて、鬼の彫金を切り落とした。そこでこの刀を鬼丸と名付け高時の代まで平氏の嫡男に継がせた。相模入道が鎌倉東勝寺の戦いで自刃したときこの刀があったので、新田殿に奉った。義貞は喜んで『是ぞ聞ゆる平氏の家に伝へたる鬼丸と云重宝也』と秘蔵した。これは奥州宮城郡の三の真国という鍛冶が鍛えた刀である。

また、鬼切という刀は元は清和源氏の先祖、摂津守頼光の太刀である。大和の国宇多郡に森があり、妖怪が出る。頼光がこれを聞いて、渡辺綱にこれを打てと秘蔵の宝刀を与えた。綱が鎧を着て出かけるが妖怪は出てこない。そこで女に変装して待っていると、虚空から綱の髪を掴む者がいる。綱がこの刀を切り払うと、雲の上で唖と声がして血飛沫が顔に掛かった。毛が黒く生えた手の、指が三本爪が鈎のようになっているのを、二の腕から斬り落とした。

これを綱は頼光に奉る。しかし頼光は悪夢を見るようになる。博士に見させたところ、七日の物忌みが必要だというので、十二人の番衆を置いて警戒していたが、七日目の夜、頼光の母が門を叩いてきた。仕方なく門の中に入れ、酒食をふるまうと鬼の手を見たいと言う。頼光が櫃の中から手を取り出すと、老婆は「是は我手にて候ける。」と言って腕を挿し合わせた。牛鬼となった妖怪が綱を左手に下げ、頼光に走り寄る。頼光は件の太刀を抜いて牛鬼の頭を切り落とす。牛鬼の頭は刀を五寸加えて吠えたが、地に落ちて死んだ。その剣の峰は修験者が祈祷したところ、折れた元がまた生えてきた。この剣はその後、多田満仲が信濃国戸倉山で鬼を切ったことがあり、鬼切と呼ぶようになった。

この刀は伯耆国会見郡に大原五郎太夫安綱という鍛冶が、一心清浄の誠を示し、鍛えた剣である。田村将軍にこれを奉った。これは鈴鹿の御前と田村将軍が剣を合わせたときの物である。田村丸が伊勢神宮に参詣の時、御殿に奉納した。その後、摂津守頼光が参詣したときに夢を見た。「汝に此剣を与る。是を以て子孫代々の家嫡に伝へ、天下の守たるべし。」

そして源家に伝わるようになった。

 

ところで、原文を見て驚いたことがあります。

忠満仲は997年没。源頼光は1021年没。満仲と頼光の順番が逆なんですけれど、これはどう考えたらいいんでしょう。もう少し考察が必要です。
それから、童子切がもし大同年間(かりに806年)だとすると、太平記は550年くらい後になって思い出しだし書いたことになります。太平記は言い伝えを記したことになってますから。するとどうしても不正確な部分は出るかなという気がします。

 


日野町広報誌

日野町広報誌の今月番に、角田先生が執筆された記事が掲載されていました。

日野町ではこのようにたたらの遺跡などについても、一般に広報しています。

先日、この遺跡については私も調査に参加したので、興味津々で呼んでいました。
年代が特定できないのは残念ですが、先生のお話では鎌倉、室町くらいかなという意見もありました。
この手の山際を小規模に崩した遺跡というのは、日野郡では頻繁に見ることができます。
日野郡ではすでに製鉄関連の遺跡は五百か所を越えました。
近々、報告書第三の巻として出版される予定になっています。
tatara1


このページのトップヘ

見出し画像
×