安綱を語る会

いよいよ伯耆国たたら顕彰会、根雨学舎の開校式です。

今年の開校記念イベントは「安綱を語る会」の開催をすることになりました。

この日のために、季節君も安綱のお勉強をしました。

どんどん書物を読み進めるにつれ、疑問に思う点が出てきました。
解説書では、本によって書かれていることが微妙に違うのです。

でもって、原書に当たるべしということになります。
例えば、伯耆民談記によると安綱は『会見郡の大原の鍛冶』と書かれているを疑問に思って出典元の太平記をあたると実際は『会見郡の大原五郎太夫安綱』と書かれていて、「大原の鍛冶」ではないのです。ということは会見郡日下の大原五郎さんである可能性も否定できなくなります。
その様なことを考えながら読み込んでゆきました。
時々読めない部分は、鳥取県立公文書館の師匠にも教えを請います。

平家物語も、平治物語も源平盛衰記も太平記も酒呑童子物語も、すでに著作権は星の彼方に消滅していて、一般に公開されているので、みなさんもよんでみてください。

そうした懸命の努力もあって今日の良き日を迎えました。
しかし、実際は朝から雨が降って、大山は雪になっているというし、県境の峠では槍でも降ってるんではないかと言うような寒い日でした。
IMGP0050
会場には展示品で槍が降っていました ('◇')ゞ

今日の講演に先立ち、お話の根拠となった書物も展示しておきます。
会場には、顔見知りの偉い人がいっぱいいて、緊張します。
入場制限オーバーの人出で、座布団を増やしました。

定時に開幕し、最初に紙芝居を見ていただきます。
(実際は紙ではなく、デジタルです)
IMGP0053

15分の紙芝居を見ていただいてから、討論会。
会場には日刀保の方も来ておられて、参考になるお話をずいぶん聞かせていただきました。

こちらがお話しするより、勉強させていただくことの多い会になりました。
TVや新聞社も数社来ておられて、宣伝していただけるようです。
日下や倉吉の方も来ておられて、お話をさせていただきました。
とても良い雰囲気で開催できたこと感謝いたします。

さて、明日は日南町での開催です。
まずは第1回が無時終了したというお話。
 

安綱を語る会の開催です。

このところ、刀剣について話が盛り上がっている鳥取県です。

たたらの里で作られた鋼を使った古伯耆刀がその根源です。
春日大社で発見された太刀。
そして大山、大神山神社で発見された銘安綱の太刀。

今年は鳥取県立博物館で早くも刀剣展示があります。
http://www.pref.tottori.lg.jp/item/1115294.htm#itemid1115294

米子市美術館でも、夏から秋に安綱の太刀を展示予定です。

倉吉博物館でも刀剣展を開催しようかという動きがあると聞きました。

そして、何を隠そう、一発目は伯耆国たたら顕彰会での開催です。
兎に角フットワークが軽いのが我が会の取り柄です。
思いついたら即座にやってしまうのであります。
トークセッションチラシ
4月7日に根雨楽舎
4月8日に大宮楽舎で開催します。
定員はありませんが、38人くらいが限界でしょうか。

今、季節君はこの会に向かって勉強中ですが、面白いものを見つけてしまいました。
童子切伝説の中に大原安綱の文字を見つけました。
季節君は、古文書解読の受講生ですので、何とか解読しようと四苦八苦しています。
何せ古文書には現在使われていない文字がたくさんあるので、辞書を片手に四苦八苦しています。
((+_+))

何とか、講演会には間に合わせますのでお楽しみに。

古文書解読講座2

奥日野のたたらの歴史を顕彰しなさいと言う某所からの指令によりたたら勉強を始めた季節君でしたが、いつの間にかミイラ取りがミイラになってしまいました。
めっきり歴史好きになってしまった季節君はあれこれとチャレンジしています。

年末には、童子切が保管してあったというこんなところに行ったり、(津山城)
IMGP0210

また、春にはこんなところにも行きました。(国宝姫路城)
DSC06881
DSC06840


そして、3月25日には古文書講座第2回が開催されます。
今回は宿題が出されていて、解読しなければなりません。

読めない漢字が多い中を、崩し字辞典をめくりあーでもない、こーでもないと頭を悩ませます。
しかし、なせば成るもので、最初の3行くらいを読むと後はだんだんと読めるようになるものですな~
(-。-)y-゜゜゜

余裕をぶっこいていて後で痛い目に会うのですが、この時は知る由もなく……

何とか宿題を終えて、本日を迎えました。

講習会では、前半をSさんが読みます。
さらさらと読み下して流石であります。
先生の解説を聞きながら、納得しておりました。

外は白梅が満開で、春爛漫でありました。

さて、後半は誰に……
「ぢゃ、後半は季節君お願いします」

ドキッ∑( ̄Д ̄ll)

つっかえつっかえ何とか読み下しましたが、汗びっしょり。
やっててよかった、予習復習。
解説で手厳しくやっつけられてしまいました。

調子乗っちゃって。
次の宿題でまた、頑張りましょう。




このページのトップヘ

見出し画像
×