松井和幸先生の『鉄の日本史』を読んでいます。

2022年1月15日に出版されたばかりの本です。

 

このところ本業が忙しく、たたらについては勉強不足になっていたので、もう一度勉強しなおすにはいい出会いでした。

 

内容は、人類が隕鉄を利用し始めたところに始まり、人工鉄の生産。

大陸から日本への伝搬。

古代鉄の遺物。

中世、近世、近代へと年代を追っての細かな調査と理論の展開でありました。

 

日本中の遺跡や論文を細かく引用しておられ、証拠に基づいた大変ためになるものです。

 

面白かったのは、日本での製鉄が弥生時代に始まるとの見解と、その論拠についての記述。

私は、製鉄の始まりが、弥生時代なのか古墳時代なのかを話せる立場にはありませんが、弥生時代だったら面白いなと思って読ませていただきました。

 

以前、わたしは広島にたたら製鉄を使った町おこしの講演をしに伺ったことがあります。

http://blog.tatara21.com/archives/3570207.html

その時、偶然に三原市八幡のパーキングエリアで製鉄遺跡を見ました。

そこには、弥生時代だと思われる年代測定の説明があり、驚いた記憶があります。

なんと、この発掘を担当されていたのが、著者の松井先生であったそうであります。

次に行くときにはもっとしっかり見てこようと思います。

たしか、このパーキングエリアで天ぷらうどんを食ったような記憶もあります()

おいしかったです。

 

さらに日本刀が中世期には貴重な輸出品であったとの記述。

田中健夫先生は中国に対して20万本の輸出があったと推定しておられるそうです。

どこかで読んだ記憶があったのですが、改めて確認することができてうれしかったです。

 

そうして、私が今までに学んできたことを、論拠を以て確認しなおすことのできる貴重なご本でありました。

260ページほどあって、内容も濃く読み応えのある本です。たたらのことを詳しく知りたい方はどうぞ読んでください。

 

毎月一回、日野町が保管している古文書の整理作業をしています。
今日は、江戸時代後期の納税関係の書物を扱っています。
表題や執筆者、受取人、記載年などを調べてデータベースにしているのですが、書類が多いのに反して参加していただけるボランティアが少なく、遅々として作業が進みません。

今回は、7人で2時間ほどやりました。
皆さん、それぞれの知識を生かして頑張っておられます。

そんななかで、面白そうな表題を見つけました。

天保五年
小河内村内林鉄山取改帳

下黒坂村の甚助という人が執筆しています。

小河内は、いまも黒坂の少し上流側に存在しています。
そこにあった鉄山林を調査して報告書を作ったということのようです。
(鉄山林とは、たたらの燃料となる炭を作る山林のことです)

今日は作業中なので、横道にそれてはいけません。
でも、この中の記載には新発見があるかもしれません。
う~ん。3秒悩んだ末に、私の責任感はあっさりと負けてしまいました。
もともと、そういったロイヤルティーのない人間なのです。


ちらっと中をのぞき見します。


鉄山林のある場所、広さ、名前が書かれています。
おそらくこの土地の地主の名前なのでしょう。
小河内では市作という名前が多く出てきます。

もっと詳しく読み解けば、いろいろな意味をくみ取ることもできるのでしょうが、いくら時間があっても足りなくなります。
きょうは表題のデータベース化が目的なので、ここまでにしておきましょう。

しかし、やはりあるべくしてあった古文書だという気がします。
この古文書の山の中には、たたら関連の内容が記載されたものがほかにも多く眠っていることでしょう。

下原重仲に関する一考察

2021年11月21日
江府町役場において下原重仲に関するフォーラムが開催されました。
下原重仲の故郷において、その業績を振り返るという画期的な試みです。
江戸時代に書かれた鉄山必要記事については、いまさら述べる必要もないでしょう。たたら研究の世界においてはあまりにも有名な書物です。
しかし、その著者下原重仲についてはあまり述べられることはありません。
それは、著者の活動の地が鳥取県の山中にあり、研究機関からはあまりにも遠い地であること。
地元では逆に、鉄山必要記事自体を知る人が少ないこと。
等により研究は進んでいませんでした。

しかし、今回のフォーラムによって多くの新発見がありました。
先のブログでも記したように、下原のもう一冊の書物鉄山要口訳についての新たな研究結果も発表されました。

さらに、地元研究者によって江府町に残る碑文などが見つかり、調査に深みが出ました。
tourou


ここでわたしたちが注目したのが、下原重仲が破産したかのような扱いを受けているがそれは真実であろうか?ということ。
近藤家文書には『重仲は大阪の鉄問屋に金策に行き、それに失敗すると東北に遁走した。残された家族は極貧の中で重仲をさがし、二男の恵助が艱難辛苦の末、東北まで父を訪ねてゆく』といった内容が記述されています。
これをもとに重仲のイメージが作られてきたのです。

しかし、重仲が帰郷したのは1796年。近藤家が重仲についての物語「孝行者擢書」を書いたのは1860年。
このあいだに64年もかかっており、当時のことを知る人はもちろんみな亡くなっています。
重仲の一家をほめたたえるために美談に仕立て上げた可能性もあります。

実際はどうだったのでしょう。
フォーラムに参加された研究者のかたによれば、重仲が金銭的にトラブルを抱えていた痕跡は全く見つかっていません。そもそも、借金を背負っていた人が藩外に出るには通行手形を得ることが難しいとのこと。

重仲帰郷後、長男の仙助は庄屋を務め、二男の恵助は鉄山経営をしています。
吉谷鑪、日名山鑪、吉子山鑪など。
各地に残る重仲と恵助の碑文がそれを記しています。
近藤家文書には、黒坂の鉄山師として森恵助の名前が挙がっています。
重仲が書き、孫の為吉が写した『鉄山要口訳』には「日名山鑪にて之を写す」と書かれています。
孫の代にも重仲によって日名山鑪は操業されていたのです。
DSC04711

数々の新たな事実がわかってきました。
貧困のどん底にあった家が庄屋になったり、たたらを操業したりできるでしょうか。
そういった家名を得るには、財力だけでなく藩からの許認可も必要です。
といったことから、以下のような推測を立てました。

当時の重仲は鉄の流通が大きく変わったことを知り、大坂鉄座と大坂の町の様子を視察するために、大坂に行った。(鉄座の設定により鉄価格は暴落しました)
鉄の流通や問屋の対応を見て、今は鉄山操業には不向きな時期であることを悟った。
そして、全国視察の旅を続ける(ひょっとすると南部鉄器の里を視察に行ったのかもしれません)
その後、大坂鉄座が廃止されたのに重仲が戻らないので、業を煮やした息子が重仲を迎えに行く。
ふたりが帰郷後、温存した財力と重仲の鉄山経営の知識を得た下原一族は、ふたたび製鉄を開始した。

私としては、真実をゆがめる気持ちは毛頭ありませんが、没後200年を迎えて、重仲の名誉回復を求める気持ちと新たに見つかったいくつかの証拠から、今までの考え方は少し違うのではないかと思う次第です。

このページのトップヘ

見出し画像
×