下原重仲という人がいます。
江戸時代にたたらの秘伝書「鉄山秘書」を書いた人です。


たたら製鉄の全様について記載された日本最古の本であり、たたらのバイブルとも呼ばれています。
この書物は後にいろんな人の間を伝わり、現在の東京大学に写本として残っています。
そして、「鉄山必要記事」と現代語訳されて世に伝わります。


この本のすごいところは、およそたたらについて思いつくことはすべて網羅されているところです。
たたら場の掟や、賃金体系。
道具の作り方から、建物の作り方、その配置、炉の構築。
金屋子神の伝承、砂鉄の品質、炭についてなど全8巻にわたって書かれているそうです。

(季節君は現代語訳を読んだだけで、実物を見たことがありません)


実際のたたら操業部分についての記載は、村下の秘伝でもあり、若干記述が甘いという指摘もあります。

しかしながら、この本によって現代でもたたらの詳細がわかるわけで、大変貴重な資料であることに変わりはありません。


下原家の発生は現在の江府町。俣野の深山口といわれています。

下原家が山口屋と号するのは、この深山口という地名と関係があるのでしょうか。

私にはわかりませんが、関係性を連想します。


そして、その家系も森蘭丸の末裔だという説と、いや違うという説が交錯していて、確証がなく謎が残ります。

この下原重仲が亡くなってから、今年で200年。
地元江府町で没後200年記念の講演会を開催しようかというお話があります。

11月に江府町での開催となりそうです。

まだ中身は決まっていないようですが、内容の濃い、新しい説も加わった興味深いものになりそうで、季節君は今からワクワクしています。

この講演会でかなりの謎が解明されるのではないでしょうか。

詳細が決まりましたらまたご報告いたします。

古文書整理に参加しました。

鳥取県西部は20年前に大きな地震に見舞われています。

その折に、日野町では古文書レスキューという活動が行われました。

 

個人の家に眠る古文書を救おうという活動です。

古文書は興味のない人には、まったく存在価値のないものです。

ネズミに齧られたり、汚く汚れたりしたものは簡単にゴミ袋に捨てられてしまいます。

そして、紙は濡れると溶けてしまうし、火に入れると簡単に燃えてしまいます。

つまり極めて儚いものなのです。

地震の片づけなどの場合には、心に余裕がないため、捨てられてしまうのが普通でしょう。

意識的に保存してやらないと、この世から消えてなくなります。

 

ということで、20年前に避難した古文書。

個人の物もあれば、公文書も一緒になってキープされています。

それをきちんと整理して保存しようという活動が行われました。

IMGP0062

 

参加者は老いも若きも、男も女も(つまり老若男女というやつです)10名。

いずれも、歴史や古文書に興味をお持ちのかたがたです。

それがプロのお二方の指導者の下で、一致団結して作業をします。

まずはミーティング。

古文書の取り扱い方。

書き込んだらいけませんとか、セロテープはいけませんとか言うやつ。

そして掃除をしてから内容別にカード記入。

付箋を挟んで整理箱に収納。

 

今回は手始めとして、300冊ほどを掃除して、簡単な仕訳をしました。

IMGP0059

内容はすべて、江戸時代後期の土地台帳だったように思います。

表題は、季節君には読めない文字も結構ありました。

それでも、古文書に直接触ったという満足感はありました。

うわさでは、たたらに関する文書も多く保存されているらしいです。

今後何が出てくるのか楽しみです。

なんせ、下原重仲の直筆文書や、金屋子神由来記なんかも出てきた土地柄ですから。

面白いものが出てきたら、(プライバシーにかかわらないようなものなら)またお知らせいたします。

 

金屋子神由来記を読む。

下原重仲といえば鉄山必要記事が有名です。

そして、日野町の旧家から、下原重仲直筆の鉄山要口訳という日本最古の製鉄技術解説書が見つかったことも、以前書きました。

その家から、川上森重という人の「金屋子神由来記」という古文書も見つかっています。

IMGP0092

 

古代製鉄の伝承を伝えるお話は、大きく2つが知られています。

ひとつは、高句麗から千種へ、そして奥出雲に鉄づくりを伝承したとするおはなし。これは島根県西比田の金屋子神社にも伝わるものです。

 

そしてもうひとつは、八岐大蛇族が中国山地で鉄づくりをしていたとする説。これを出雲の豪族である素戔嗚が攻め、鉄づくりを伝承したと考えます。つまり八岐大蛇伝説です。

この説は山田新一朗先生、相良英輔先生が論文を書いておられます。

 

鉄づくりは一か所から伝わったと限定する必要もないので、複数のルートがあってもいいのでしょう。

 

日野町で見つかった金屋子神由来記は、後者の説にあたると思われます。

黒坂の川上森重という人物が明治十六年に書き残しています。

当て字が多く、天照やいろいろな神様の名が出てくるので読みにくいったらありゃしません。

あちこちを調べていたら、影山猛先生がこの金屋子神由来記を活字にしておられるのを見つけました。

これでわかりにくいながらも、何とか理解を深めることのできた季節君です。

実力不足なのは承知で、現代語訳を試みました。

IMGP0093

 

「そもそも、この世が始まった頃、国常立命から伊邪那岐、伊邪那美命まで7代。そして天照大神からウカヤフキアワセノミコトまで地の神5代のころのことです。

神武天皇が帝として初めてのめでたき代となりました。

神代の昔には、人間はまだ生まれていません。

クニタチトコノミコトより4代目、ウイチニノミコトの代にイズモヒチニノミコトから男神、女神と現れましたが、6代目のオモダルノミコトまでは結婚はしていません。

7代目のイザナギ、イザナミノミコトは淡路の国へ天から降りてこられて、ミトノマクハより混ざり合い4人の御子をお産みになりました。

日の神、月の神、ヒルコ、素戔嗚尊です。

日の神は天照大神、月の神は月読命多賀峰明神、ヒルコは恵比寿三郎西宮大明神、素戔嗚尊は出雲国大明神です。

それよりのち、人間が生まれてきました。けれども、気魂がまちまちだったので仮身や三宝をわきまえていませんでした。寒さや病気をしのぐすべも知りません。食べ物は自然にあるものを食べるのみで、蓄えも持たない。水中に遊ぶ魚のようなものでした。

このとき、金山姫宮という人が大日如来の化身として人々の救済のためにこの世に顕れましたが、世の中は乱れていました。人々はまだ未熟なので時期尚早なのだろうと、須弥山にこもりむなしい月日を過ごされました。

さて、伊邪那岐、伊邪那美命はなんとかしてお屋敷を作りたく思われたけれど、釘がなくては思うようになりません。いろいろ工夫して神通力をもって世の中を見渡したら、須弥山の傍らに大楚山、小楚山という山があります。そのうえに四千里四方の岩がありました。その岩の上に三十三の姫宮九十九社がいらっしゃいます。

三の王とはこのことです。伊邪那岐、伊邪那美命がお会いして、御殿づくりを相談すると、姫宮がおっしゃるには鉄と言うものなしでは釘鉄の用意ができない。私は諸々のかねをつかさどっています。作り出してあげよう、と唐天竺の気根山に行かれました。この山を穿鑿なさったら金銀銅鉄など、諸々のかねの種がありました。

これを取り出して段取りしようと、せいたい山というところで、諸々のかねを吹きだして釘鉄物の用意をして、御神にお渡しになりました。

伊邪那岐、伊邪那美命がお取りになり、左の手に槌を持ちまず一番の釘を、よきかなよきかなと打ち給い、二番目の釘をかへりふ満足とお打ちになる。三番目の釘を諸願成就と打ち納め、宮造りを成就されたので、人々も思い思いに家を作って雨露をしのぐようになしました。桁上げのはじめ、家造りのはじめはこれです。

金山姫の宮、伊邪那美、伊邪那岐命は四人の子供たちに譲りものをされました。

まず国を天照大神に譲られました。

山を月読命に譲られました。

海を恵比寿三郎殿に譲られました。

そして二振りの剣を須佐王命に譲られました。」

ここまでで3ページ。あと4ページ続きます。

(;^_^A

なんとなく雰囲気だけでも感じていただけたと思います。

 

 

 

いまでも奥日野のどこからどんなものが出てくるかわからないし、その価値にいつ人々が気付くのかもわかりません。
あるいは気付かれずにひっそりと失われてしまう可能性もあります。
これからも目が離せないなと思いながら、秘かに古文書の勉強を続ける季節君でした。

このページのトップヘ

見出し画像
×