日野町では文化財保存活用計画が進行中です。
その計画の中に、根雨駅から近い舟場のたたら遺跡をガイドしようという試みがあります。
季節君はその土台となる資料を作ろうと、簡単な調査をしてみることにしました。
まず、伯耆国たたら顕彰会の遺跡調査報告書によると舟場には4つのたたら遺跡が見つかっています。
上流から「鈩山」「ヒヤ谷」「投げ谷」「投げ谷大鍛冶」です。この名前は発見者が便宜上その小字を付けています。この遺跡の由来を知らないといけません。
さらに近藤家文書に記載されている舟場のたたらは以下のようになっています。(伯耆文化研究7 影山猛)
  • 舟場山 文化2年 根雨伊兵衛
  • 舟場山 文政1~3年 松田家八十次 炉と大鍛冶
  • 舟場山 天保13~嘉永2 松田家政蔵 炉と大鍛冶
  • 舟場山 明治7~10年 近藤喜八郎 大鍛冶
近藤家の操業が1779年であることから、それ以降の舟場のたたらの様子についてはもれなく記載されていると考えてよいと思います。近藤家と舟場は地理的にごく近いですからね。
文書の中ではすべてが舟場山という名前になっています。非常にわかりにくいですね。
古文書や墓石に書かれている舟場山が全部該当してしまいます。

では、たたら顕彰会が見つけた遺跡と近藤家文書のたたら場はどのように関連付ければよいでしょう。
まず、いちばん予想が付けやすいのが、ヒヤ谷舟場ヒヤ谷たたらの調査 : たたらの里 奥日野BLOG (tatara21.com)
とても大きな遺跡です。当時、日野郡の大庄屋で名字帯刀まで許されていた大鉄山師の松田家(手島)の財力を以てすればこれくらいのたたら場は作れたでしょう。24年の間をおいて文政と天保の2度にわたって操業し、その間に少しづつたたら場が大きくなったと考えられます。
土地所有者のかたは大鍛冶があったという話は伝わっていないとおっしゃいます。
大鍛冶があったかどうかの調査が望まれます。
ということで、一つ目は「ヒヤ谷たたらは松田家の2度の操業」

そして、投げ谷横の大鍛冶について。じつは以前、島根県の角田博士にこの遺跡を見ていただいており、近藤家の大鍛冶で間違いないだろうと判定していただきました。小さな谷に面した小さな平面。
谷には椀型鍛冶滓がいくつか転がっていました。
まだ水路跡も残っており、新しい遺跡だろうなと予想は付きます。舟場山再調査 : たたらの里 奥日野BLOG (tatara21.com)
これが近藤家文書で言うところの明治7年の大鍛冶でしょう。
(ここで休憩。次回に続きます)

古文書が面白くてやめられない

鳥取県日野町は、文化財保護に力を入れようとしています。
季節君もたたら顕彰会のほか、文化財保護審議会とか文化財保存活用推進協議会とか古文書に親しむ会とか、古文書整理ボランティアとかいくつかの団体で活動しています。
あまりに似た様な団体で活動を繰り返していると、どの団体でどんな活動をしたのかこんがらがってしまいます。

今回は古文書整理ボランティアの活動です。
日野町でも多くの貴重な古文書が行方不明になっています。
鳥取県西部地震だったり、引っ越しだったりした折に処分されてしまうのです。
武士だった家に伝わっていた たたら製鉄の古文書だったり古い時代の大阪城の縄張り図だったり、それは見たという人の話として聞くだけで現在はもうなくなってしまっています。
そこで、「遺物や古文書は処分する前に日野町教育委員会にご相談ください」というキャンペーンをしようと思っています。

今回は、地震の時の古文書レスキュー隊が集めてきた古文書のせいりをしました。
新旧入り混じってこんなになっています。
DSC_0195

100年前の引き札(広告)や田畑の年貢に関する巻物などがありました。

さらにこのような冊子を発見
DSC_0197
(天保5年小河内村内林鉄山所改帳)
鉄山所と書かれているので すわ!たたら場か! と思ったのですが、炭を作るための鉄山林の記述のようです。
百か所くらいあるけれど、境界がはっきりしないので、しっかり調べて書き上げ、資料にするといったことが書かれていました。
持ち主とか境界部分の目印とかが細かく書かれています。

日野町ではまだまだ新発見のたたら資料が出てくるんです。
面白い
そのうち世紀の大発見があるかも


久住の切り図にたたら場発見

毎月行われている、日野町の古文書整理に参加しました。
衣装箱に4杯。400冊くらいが今回の調査です。
ほかにも日野高校黒坂校舎に2部屋保管室があったりします。(^-^;

今回見つけたもので面白そうなのは、久住村の切り図。
ページ数は50ページくらいあったと思います。
しっかりとメモしてこなかったのですが、1800年頃、江戸時代後期のものでした。
DSC_0181


まん中下の方に赤で「鈩場所」と書かれています。
これは杉屋鈩といわれるところで、遺跡の上に今は家が建っていると思います。
私たちは久住集落で4か所のたたら場と1か所の大鍛冶を確認しています。
杉屋鈩はそのうちの一か所なのですが、この切り図には、ほかのたたら場の記載がありません。
おそらく、この時代にはほかのたたら場は操業していなかったのでしょう。
数年前に調査した遺跡は室町時代のものでしたし、ほかにみつかった近藤家のたたら場はもっと新しい時代のたたら場でした。
それからまん中に水色で池が記載されています。
すごい急斜面に無理やり作ったような溜池です。
近くに鉄穴山という地名もあることから、この池は鉄穴流しのための池だろうと考えています。

久住や上菅などの地区は比較的多くの文書が残っています。
ほとんどが租税目的の土地台帳等ですが、今後も調べてゆこうと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×