日本海新聞ふるさと大賞2017授賞式

さて、日本海新聞ふるさと大賞2017受賞当日がやってきました。

役所のロビーに集まって、式典に臨みます。


流石に新聞社の表彰だけあって、なんだか受賞者より、カメラマンの方が多いような (笑)

IMGP0044
IMGP0059


この地域のたたらの歴史を世に出した功績と、中でも、500を超える遺跡の調査をして出版にこぎつけたということが評価されたようです。とすると、ここに、インディー氏がいないのはもったいないというか、申し訳ないというか。

とにかく受け取った賞状と楯と、いちばん大事な副賞は持って帰りますからね。

不謹慎な話ながら、いつも気になるのが、副賞の中身です。
貧乏所帯のたたら顕彰会にとって一番活動の後押しになるのが、この実弾なのでありました。

(人''▽`)ありがとう☆ございます。

日本海新聞ふるさと大賞という賞があります。
今年の大賞は伯耆国たたら顕彰会が頂くことになりました。

*♥*:;;;;;:*♥q(≧▽≦*)(*≧▽≦)p。・:*:・゚★,。・:*:・゚オメデトー♪ 

なんだか、今年は春から縁起がいいですね。
季節君も出席して、写真を撮ってこようと思います。
さて、何を着てゆきましょうか (笑)

そうそう、そういえば、総務大臣表彰が鳥取県のHpでも取り上げられていました。
鳥取県のHP


さあ、今年も頑張りましょう!
 o(*>▽<*)o

たたらのフォーラム

毎年恒例となっております、たたらのフォーラムですが、今年は日南町総合文化センターでの開催となります。
期日は3月11日。13:00~

日南町の鉄山についての講演となります。

①坂本敬司氏の鳥取藩家老日記から見た、奥日野の鉄山師について

②加地至氏の西木下家の製鉄事業

③角田徳幸氏の砺波たたらと鉄穴調査報告(山中で見つかった、鉄穴用ため池など)


と言った三本立ての講演となります。


奥日野の鉄山師と言えば近藤家しか、体系的学術的な調査がなされておりません。
なかなか文書が見つからず、調査が行われない中に置いて、鳥取藩家老日記から鉄山師の動向を探ります。
また、西木下家の文書の調査がなされたことから、この文書の内容を(公開できる部分だけ)一部公開する予定でおります。
入場無料、駐車場無料ですので皆さんこぞっておいでください。
(ポスターの写真は近藤家と中木下家)
forum

このページのトップヘ

見出し画像
×