古民家お掃除プロジェクト

日南町で古民家お掃除プロジェクトが行われました。

たたらで財を成した木下家の住宅が日南町に寄贈されたため、みんなでお掃除してその存在を知らしめようという計画です。

 

伯耆国たたら顕彰会では、会長、副会長2名、事務長が参加するという首脳陣全員参加の強力な陣営を組みました。

 ゆきんこ村で集合しバスに乗り換え木下家に向かいます。大きな長屋門をくぐると、玄関前広場で各員の配置を告げられます。
9
10

 季節君は母屋の掃除当番となりました。

屋敷の貴重な品や文書などはすでに撤収されているので、みんなは残念ながら、何の雑念も抱くことなく淡々と作業をします。
4
おおっ!納戸かと思いきや、その奥から現れたのは、秘密の階段でありました。
その上は立ち入り禁止であります。
2

長屋の屋根裏には竜吐水や駕籠がったりして驚かされます。

 これでも個人の住宅かと驚かされるほどの広さなのでお掃除が大変なのであります。5

 離れの掃除班。庭の掃除班をあわせて60人ほどの態勢になったようです。
8

 裏の倉の中は残念ながら掃除する時間がなかったようです。

それでもスタッフさんのお話では予想以上の盛り上がりで、作業効率も大変良かったようです。

なんか、少しはお役に立てたかなと思いました。

今年の年度末には日南町の鉄山師のフォーラムが開催できないか検討中です。

日南町の貴重な文化財です。有効活用されることを祈ります。

 

みなさんは 鍛冶工房 宮光をご存知でしょうか。

もし、ご存知だとしたら相当な奥日野マニアか、地元民でしょう。

最初は私たちと一緒にたたらについて可能性を探っていたのですが、勉強するほうでじゃなく、作るほうに方針を替えたようです(笑)


まだ、品数が少ないですが見てやってください

そして、どのようなものが作ってほしいかアドバイスもください。
もういい年なのですが一生懸命いいものを作ろうとしています。
私たちが作った鋼も何か加工して作ってくれるのではないかと最近持っています。

鍛冶工房   ←サイトはこちら


たたらんち

奥日野のイメージを表現する名物料理とは?

このところ、たたらんちという言葉をよく聞くようになりました。

http://www.tatalunch.com/


ここであります。
家族でレストランもりに行ってみました。

ここのレストランは国道沿いにあり、オシドリ観察小屋もそばにあります。
板井原川も日野川も見渡せる絶好のロケーションの2階です。


DSC06728

料理が登場するのを待っている間にもお客さんがあり、やはりたたらんちを注文しておいででした。

そして電話でも次々予約が入っています。


DSC_0254


出てきたのは、カレーにハンバーグに、、、あとは食べてみてください。

山菜のスープもとってもおいしかったし、この後出てきたトマトのジェラートも絶品。
トマトの香りと酸味と甘さが生きています。

このメニュー、手間がかかるので一度に3人前しか作れないそうです。
しかも、1日10食限定。
さらに、午前11:30以降でないと仕込みができていないというすぐれもの ('◇')ゞ
絶対行列のできないメニューです。
でもほかにもおいしいメニューがあるので行ってみてください。

このページのトップヘ

見出し画像
×