都合山の散髪

毎年行っている都合山の草刈りをしようという計画が持ち上がりました。
地元、上菅の皆さんが中心となって、今年はたたら顕彰会や奥日野ガイドクラブ、他にも参加団体があるようです。

合計100人の参加計画となりました。

ところが、前日からの大雨。注意報まで出る始末です。

ザー///o(゚o゚;)o///雨



一体都合山整備計画はどうなるのか。

季節君危うし! ∑( ̄Д ̄ll)

ところが、今朝になって小降りになり、強硬策が実行されました。

tugou1
上菅から都合山。そして花口迄かなり広いエリアが今年の草刈り区域です。
しかしえらいもんですな。

人数が多いので、綺麗にかたづいてしまいました。
季節君は刈り払い機など、あまり手にしたことがないのですが、上手な皆さんのご活躍で、怪我人もなく片付けることができました。
季節君は要らぬところに力が入ってきたようで、腕が疲れてぶらぶらです。

都合山遺跡も綺麗になって、まずは めでたし めでたし。o(*>▽<*)o

長楽寺

今日は古文書研究会の日です。

朝からルンルン気分で出かけました。
新しいことを知るというのは面白い!


いままでの続きで、黒坂を支配した福田家の家譜を勉強します。
「それじゃ、最初に季節君。読んでみなさい」
あまりにうかれていたら、当てられちゃったぢゃないですか。
((+_+))

それでも、えらいもので、少しづつ読めるようになってきています。
石の上にも三年。もう少し頑張ってみましょう。

午後は、フィールドワークでお外を見学して歩きます。
まずは古文書に出てきた、黒坂の町口。
「綱清様被遊御巡国候付 町年寄も先例之通町口坂ノ下江罷出候)
と書かれている、池田綱清様をお迎えした黒坂町口坂を現地確認します。
DSC07033

今の本通りではなく、昔の本通りは田圃のあぜ道になっていました。まあ、江戸時代にはバスもトラックも通りませんでしたから細い道で大丈夫だったのでしょう。

そして、つぎに長楽寺。
長楽寺には薬師如来をはじめとして五体の重要文化財があります。
地元民なので、あることは知っていましたが、実物を拝見するのは初めてでした。
DSC07035

みなさんその姿に圧倒されています。
時代を感じさせる存在感にしばし無言。

さらに天井絵も見せていただきました。
江戸末期の狩野派絵師 法橋索準の作なのだそうです。
鳥や花は緻密に、象や虎は想像で描いたのがようくわかります。
DSC07046

おまけに木魚。まさに木魚ではないですか。
DSC07048

今日はいろいろ勉強させていただいて、おなかいっぱいです。

本日から、中海TV121CHで初耳ウルトラローカルクイズが放送されています。
一日がかりで行った収録ですが、ずいぶん端折って30分番組になっています。
まあ、TVというのはこういうものなのですが、どーんと2時間特番とかしてほしいと思ったり……

それでも出来はとてもよくて、いろいろな失敗をうまくフォローしてあります。

もし皆さんお暇でしたら、見てやってください。

このページのトップヘ

見出し画像
×