ふいご祭りをします

恒例のふいご祭りをします。 今年は会場を江府町にして防災情報センターで行いますので皆さん来てくださいね。
tatara

今日も会議をして、いろいろ施行を凝らそうと思っています。
とりあえず第一報でした。

津山城に行きました

童子切を勉強していたら、江戸時代には津山城に保存されていたということがわかりました。
越前から転封したきた松平家の持ち物だったのです。

日野から車で一時間半ほどです。
意外と近いところに童子切があったのですね。
明治までここにあったのに惜しいことをしました。
(なにが惜しいのか、季節君にもよくわかりませんが、、、)

駐車場に車を止めて歩きます。
かなり歩きますが、お城の大きさは櫓や門が多かったので、姫路城より大きい城郭であったそうです。
大きな石垣があります
isigaki3
まだあるきます
isigaki2
まだ石垣です。
isigaki
そしてやっと、櫓
yagura
くたくたになりながらも、登ります。
siro
こんな感じで城郭は配置されていたそうです。
しかし、明治六年の廃城令で取り壊されました。
なんということでしょう。
しかし、維持費が莫大にかかるので、おそらく長くは残しておけなかっただろうと予想はします。
櫓も再建されたものでありました。
あちこち興味深そうに見ていたら、ガイドさんがいろいろと教えてくださいました。
やはりこう言った歴史遺産のガイドは、きちんと知識を持った人がぜひ必要だなと強く思いました。
ガイドさんありがとうございました。
ここに童子切があったのかと、感慨に浸りながらの小旅行でありました。

ただいま、米子市美術館では大山の魅力~特別展示 鳥取県ゆかりの刀剣 をしています。

今日は、研ぎ師の森井先生の講演会に行きました。

午前も、午後も予約は早々に締め切られたようです。

季節君は日本刀については素人なのですが、少しでも知っておくことが必要であろうと、講演会に行きました。
鳥取県はよい鋼ができたので、刀鍛冶も立派な人が多く出たようです。
一番最初が 伯耆安綱ですよね。
安綱一門も、真盛、守綱、貞綱など多くの名人がいたようですが、古刀のなんともいいがたい、重厚さがあるそうです。
そう思ってみると、1階展示の安綱もすごいなって思ってしまいます。
きらびやかな美しさより、重厚さがあるなって、素人ながらに思いました。
そして思っていたより細身なのが印象的でした。
他の展示してある刀が大きかったから、相対的にそう思ったのかもしれません。
それから、茎が少し短い感じがしたのは気のせいでしょうか。

講演でのお話で印象的であったのは、印賀鋼を代表としてよい鋼があったから良い刀ができたと言うお話。
浜部壽格は因藩の刀鍛冶ですが、二度、江戸へ出ています。
そして打った刀には、以伯州鉄 と刻まれたものがあります。
わざわざ伯州鉄と刻むからにこれは、江戸で印賀鋼を使って刀を作っていただろうという事。
うれしいではござんせんか。

ヤッルゥ!o(*>▽<*)o

ほかにも多くの刀鍛冶を生み出してきた鳥取県ですが、その背景に良質な鋼があったことを見逃してはなりません。


このページのトップヘ

見出し画像
×